山下貴史 山本孝太郎 顔画像?逮捕 キセルの激ヤバワザで40万円稼ぐ!数十人のアイドル追っかけ一斉お縄頂戴か!?

人気アイドルグループのAKBやHKTを追っかけしているファン相手に不正乗車をほう助した罪で、山下貴史、山本孝太郎、両容疑者が逮捕されました。
 
 
逮捕された山下貴史、山本孝太郎、両容疑者がどんな人物なのか?

はたまた、不正乗車の具体的な方法について掘り下げていきます。
 
 


 
 

山下貴史、山本孝太郎、両容疑者の顔画像は?プロフィールは?

調べでは、山下貴史容疑者は、東京都東久留米市東本町在住の大学3年生22歳、山本孝太郎容疑者は、住所不定、無職の35歳と報道されています。

 
 
山下貴史容疑者の顔画像はこちらです。
    ↓

 
 

ちなみに、山本孝太郎容疑者は、まだ確認とれておりません。
 
 

また、世代的にSNSは使っていてもおかしくないのですが、同性同名が多く本人のアカウントを特定できませんでした。

こちらは引き続き別のニュースサイトや、メディアなどを追っていき、新たな情報が入れば、こちらに更新していきます。
 
 

山下貴史、山本孝太郎、両容疑者が使っていたキセルの手口とは?

 
 
キセルについてですが、聞いたことはあっても具体的に知らない人もいるかもしれませんので、簡単に説明しますと、
 
 
本来、博多駅から東京駅に行くには、通常、新幹線の切符を購入します。
金額にすると、約2万円です。
 
 
ただし、ここで、博多駅で入場券を購入し、改札を通り、そのまま新幹線に乗って、東京駅のホームで入場券を受取り、受け取った入場券で東京駅を下車したら、どうでしょうか? 

用意するものは、博多駅を通る時の入場券と東京駅での入場券だけ。

かかったとしてもそれぞれで、200円ほどでしょうから、合計で400円ほどで通過できることになるのです。
 
 
単独ではまず無理ですが、下車駅で入場券を渡してくれる人がいれば、充分可能であり、この下車駅で入場券を渡していたのが、今回の山下貴史容疑者だということです。
 
 
山下貴史容疑者は入場券を渡す代わりに手数料として2,000、3,000円を受取っていたようでして、人数にしたら、150人にも登ることから、30,40万円ものお金を稼いでいたようです。
  

気になるのは、新幹線内で、乗車券の確認があるのではないか?ということですが、ベタな方法としてトイレに隠れていれば、良いのでは?と思えます。

確かにトイレにいたら、車掌もそこまでチェックはしてこないでしょうからね。
 
 
しかも、今回の山下貴史容疑者の使っていた方法は、単独犯かと思いきや、全国に何十人といるようなので、かなり大規模な組織に思われます。

ひょっとしたら、バックに黒幕じみた人がいて、その人が山下貴史容疑者たちにやり方を教えて、売上金の一部をロイヤリティのように徴収していたのかもしれませんね。
 
 
ただ、このキセル行為は犯罪なので、知らなかったでは済まされません。今回、発覚したことから、JRも一斉に対策を立ててくるでしょうから、二度とやらないほうが身のためです。
 
 
逮捕された山下貴史容疑者も、きちんと罪を償ってもらいたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする