山下弘子が癌!【動画あり】癌になってから,「いい子」を辞めました。

癌患者としてアフラックのCMに出演していた山下弘子さんが、22歳の若さでお亡くなりになりました。ガンが発覚するまでは、親、先生、みんなの前でいい子ども(完璧な人間)だったそうですが、ガンになってからは、辞めたそうです。具体的にどうなっていったのか、掘り下げてみようと思います。
 
 



Sponsored Link


山下弘子さんプロフィール

yamashita-hiroko-1

1992年生まれ。家族構成は母がいることは確認取れているものの、兄弟は不明。出身大学は立命館大。
 
 
居住地域は明確に記載されていないものの、なんばにショッピングに行ったと記載されていることから、実家は大阪の南エリアと思われます。

その他の情報はこれといったことが掲載されていないので、詳細不明ですが、分かり次第、追記、更新していきます。
 
 

ガンが発覚したのはいつか?

立命館大学1年の夏です。

体調不調から病院にいったところ、肝臓ガンが発覚し、余命半年を宣告されます。

手術を受けるものの、肺への転移が見つかり、肝臓がんが再発し、その後も度重なる転移と闘うものの、25日お亡くなりになりました。
 
 


Sponsored Link


がんになって、「いい子」をやめた。

ガンが発覚してからは、最初は荒れたものの、途中からは開き直り、
人生を楽しむように考え方を変え、
今まで「いい子」だったのを辞めたそうです。

  
 
誰かに怒りをぶつけても、現状は変わりませんし、ぶつけられた方はいたたまれない気持ちになります。

まだまだ、人生これから。。。
 
 
という時期なので、現状を中々受けいられなかったのものの、次第に自分の今ある環境を受け入れるようになっていったのかもしれませんね。
 
 
またこういうことも話しています。

 
 

2017年6月に結婚!

yamashita-hiroko-2

 
 

「生まれてきてよかったな。結婚式で、そう思えました。」
 
出典:アフラック公式チャンネル
 
 
いまある自分の環境を受け入れ、後悔の無いように、
その場その場を楽しむようにしていったのですね。
 
 
筆者も嫌なことがあって、凹むことがありますが、
後悔の無いように、日々を一生懸命生きていきたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございます。
 
 


Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする