冨田英夫 顔画像は?15万円強奪するも防犯カメラには勝てず!?

今月2日に和歌山県で起こったこの事件ですが、またまた防犯上カメラが大活躍です。
 

冨田英夫容疑者はどんな人物なのか?その点も併せて掘り下げていこうと思います。
 
 

冨田英夫容疑者の顔画像は?

事件現場は報道によると、和歌山県田辺市湊ということなので、
地図で調べてみたら以下のエリアになります。
   ↓

 
 
続いて、冨田英夫容疑者のプロフィールですが、田辺市在住で無職(52歳)と判明しています。
更にネットで顔画像があるか調べてみましたが、一般人だからか、該当なく、Facebookやtwitterも年齢からしてやってなさそうですが、一応調べてみた所、やはり該当ありませんでした。
 
 
まだまだ不明点があるので、引き続き別のニュースサイトもチェックしていき、他のメディアや新聞などからも調査していき、該当あればこちらに更新していこうと思います。
 
 

防犯カメラの映像

 
 
今回逮捕のきっかけとなったのは防犯カメラに冨田英夫容疑者が映っていたことが原因ですが、仕掛けていた場所などは公開されていません。
逃走ルートをよく見てみたら、判別できるのかもしれませんが、なかなかそこまで気が回らないでしょう。
 
 
日頃からどこにしかけてあるか、どのルートで逃走すればカメラの死角になるか、入念にチェックしておくならともかく、そうでないなら、どこに仕掛けてあるのかわからないので、探しながら逃げるのは、よほどの熟練者でも無ければ難しいでしょう。
 
 
更にダミーカメラも普及しているので、一瞥しただけではダミーかそうでないか区別はつきませんので、ダミーもそうでないカメラも全てチェックするとなると、ほぼ不可能に近いような気もします。
 
 
犯罪の抑止効果に多いに貢献しているので、もっともっと普及させ、犯罪防止、抑止効果を促進してほしいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする