田中将大 激怒 韓国に!国際問題を回避した田中選手の行為に賞賛の嵐!

2009年の話ですが、田中選手が韓国に激怒した事件を覚えていますか?
この事件は国際問題を回避すると同時に田中選手がどれだけ野球を真剣に考え、情熱持って取り組んでいるのか?を垣間見る事件でした。あれから、だいぶ月日が経ちましたが、田中選手があれほど怒りを表し、メディアを騒がせた事件はありません。それほどまでに怒りを表した韓国との事件について掘り下げていきます。
  



Sponsored Link


田中将大が激怒した理由とは?

田中選手のことをあまり知らない人もいるかもしれせませんので、
簡単にプロフィールを掲載しておきます。
 
 
名前:田中 将大
生年月日:1988年11月1日
出身:兵庫県伊丹市
妻:里田まい(タレント)

伊丹市立昆陽里小学校1年時に軟式少年野球チーム「昆陽里タイガース」で野球を始め、4番・捕手として活躍していた。

その後、中学、高校と野球を続け、高校時代はあの松阪大輔選手を上回る奪三振記録を達成し、世代最強のエースと呼ばれていた。
 
 
2006年の高校生ドラフト会議では、日本ハムファイターズ、オリックス・バファローズ、横浜ベイスターズ、東北楽天ゴールデンイーグルスから1巡目指名を受け抽選の結果ラクテンが交渉権を得て、入団する。

2014年からはMLB移籍に伴い活動拠点を北米に移し、現地の代理人はエクセル・スポーツ・マネージメント社となっている。
 
 
持ち珠として、大きく変化する縦のスライダーが全投球の8割を占め、ここぞという時の決め球のスプリットを持ち、その他、シンカー、フォーシーム、カッター、カーブと多彩な変化球を使いこなす。
 

そんな田中選手ですが、韓国に怒った理由は、少し前2009年の話になります。
 
 
当時WBCで韓国と日本のしあいがアメリカのペトコバーグで行われており、5回対戦し、3試合目の2敗した日に事件は起きました。

韓国の2勝目が確定した後に、なんとマウンド上に韓国の国旗が立てられたのです!
「ここは俺達の領土だ!」と言わんばかりの主張です。

国際常識の観点から考えると、国旗を立てるというのは、その国の領土だという主張なので、今回の事例で言えば、アメリカは韓国の領土だと言っているようなものです。

まるで、アメリカに宣戦布告するかの勢いです。
  
  
以前、どの国のものでもない南極の土地にロシアが国旗を立てたことがあり、このロシアの行為に、世界各国から非難が集中した事件は知る人ぞ知る話です。
 

Sponsored Link



 

田中選手が韓国に怒りを表した理由とは?

韓国の国旗を立てた行為に対し、田中選手はブチ切れし、コーチが制止するがそれすら振り払って、マウンド上に駆け寄り、韓国国旗を引っこ抜いたそうです。

この行為に日本スタンドは大興奮!!
 
 
田中選手は、野球の神様存在説を説いており、常々、神様に嫌われないように清く正しくあろうと意識しているそうです。

グランドは申請な場所なので、試合中であろうが、小さなゴミでも落ちていたら、拾ってポケットに入れているそうです。
 
 
ましてや、マウンドはピッチャーにとって非常に大事な場所なので、その神聖な場所に対する韓国の行為が許せなかったのでしょう。

アメリカ人にしてみても、韓国の行為は耐え難い屈辱であり、下手したら国際問題になりかねない行為です。

ゆえに、国旗を引っこ抜いてくれた田中選手の行為は、非常に好感が清々しかったのではないかと思います。

当然、ネットでも賞賛の嵐だったようです。
 
 
結果、その年の公式試合は怒涛の勢いで球団初の日本一になり、胴上げ選手となったので、これも野球の神様のお力添えがあったのではないかと思います。

あの、野村克也さんも「マー君神の子、不思議な子」と名言しているくらいなので、見る人はしっかり見ているのでしょう。
 

 
  
 
今、読まれている上位記事
    ↓
星野仙一 娘は永井病院勤務?父から娘千華と和華に託したヒミツとは?
 
 
中村獅童 嫁の実家はどこ?足立沙織が二人いるって本当?両方可愛いの?
 
 
足立沙織 高校はどこ?福岡に同じ名前のモデルさんがいるってホント?
 
 
野村克也 名言 心が変われば?野球は血液型が全て驚愕の事実がここにあった!
 
 
田中将大 激怒 韓国に!国際問題を回避した田中選手の行為に賞賛の嵐!
 
 
市川海老蔵 娘 バレエ教室!娘が気になるあの男に海老蔵が激怒!?
 
 
安藤美姫 ツイッターとインスタ炎上!過去の投稿を一覧にしてまとめてみた!
 
以上です。
 
最後までお読み頂きありがとうございます。
 


Sponsored Link



 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする