【白石隆浩】ツイッターで洗脳し巧みな話術を使っていた!?その驚きの事実!

白石隆浩容疑者(27歳)は、ツイッターを経由して被疑者を誘っていたのは、
メディアにて公表されていますが、
どうやらその時に洗脳テクニックを使って、誘い出してた模様です。

白石隆浩容疑者が使っていたツイッターの洗脳テクニックとは?

洗脳と聞くとちょっと抵抗有る人いるかもしれませんが、
別に独自のテクニックを使っていたわけではなく、
一般に入手できる市販の書籍を使い、ツイッター内にて、
書籍に記載された文章を引用したりしていたそうですが、
詳細はまだまだ調査中です。

こちらの書籍です。
   ↓

洗脳の世界: だまされないためにマインドコントロールを科学する
恐るべき洗脳のメカニズムを解明する。われわれの周囲に思想コントロールがどのように存在するかを多くの事例から明らかにし、洗脳のメカニズムを脳科学から徹底解明した初の試み!洗脳への防御法を説く。

書誌情報

QR code for 洗脳の世界
書籍名 洗脳の世界: だまされないためにマインドコントロールを科学する
著者 キャスリーンテイラー
翻訳 佐藤敬
出版社 西村書店, 2006
ISBN 489013607X, 9784890136070
ページ数 399 ページ

参照サイト

洗脳の世界

白石隆浩容疑者が使っていた巧みな話術とは?

8月からわずか2ヶ月の間に9人殺害していたので、1週間に1人以上のペースです。

一般的に考えるとかなりのハイペースですが、
白石隆浩容疑者は、前職がスカウトマンだったことから話術が優れていたことが、
容易に想像できますし、洗脳を取り入れることで、巧みに誘い出していたのかもしれません。

以下に当時のやり取りを掲載します。
   ↓

TBSの動画ニュースサイトから引用

まとめ

洗脳、巧みな話術を使い人の弱みにつけこむのは決して許されることではありません。
ただ、それだけストレスを抱え、現実逃避する人がいるという裏返しになるわけなので、
根本的な解決は難しいかもしれません。

第二、第三の白石隆浩が現れないことを切に願います。

とても悲しい事件ですが、また調査結果が分かり次第お知らせします。