式守伊之助 セクハラ行為!第40代立行司が泥酔、相撲協会大惨事!

日馬富士の事件からようやう落ち着いてきたかと思った矢先に、
代40第の立行司のセクハラ事件が発生しましたね。

しかも、セクハラ相手は男性だとか。

本人曰く、「男色の趣味はない」とのことですが、
女性だったらもっと大事になるでしょう!って思ったのは私だけでしょうか?

そんな、式守伊之助について調べてみました。
 
 



Sponsored Link


式守伊之助がセクハラ行為

調べによると、当時者は、式守伊之助(本名:野内五雄)、
大阪府出身、宮城野部屋の35歳と報道されています。

泥酔し、部屋まで送ってくれた若い行司にセクハラをしたとのことで、
本人は酔ってて覚えていないとのこと。

これって言い換えたら、日常茶飯事でこういうことをしているから、
無意識でもやってしまうとも読み取れます。
 
 
日常茶飯事として例えるなら、歯磨きをするとき、しっかり記憶に定着することってないですよね。

歯ブラシに歯磨き粉をつけて、歯を磨く。

ここで、何か考え事をしていたら、ほとんど無意識で磨き終えて口を濯いでいます。
 
 
それから、ふと突然、(あれ、今、歯磨いたっけ?)って気づくわけです。
 
 
なので、今回の式守伊之助の行為は常日頃からやっているのでは?と思ってしまうわけです。

その相手が奥さんなのか、別の人なのかはわかりませんが、日頃やっているからこそ、こういった時についうっかりしてしまったのでは無いかと思います。
 


Sponsored Link



 

式守伊之助の処遇と今後の対策

今回の件から判断したら、出場停止や降格は止むを得ないでしょう。

ただ、立行司が一人しかいない点も、何かと不便になるので、それも悩みのタネである。
 
 
かと言って、これだけの騒ぎを起こしておきながら、処分ナシだと示しがつかないし、二度と再発しないとも限らない。
 
 
もう一人増やせれば手っ取り早いかもしれないが、コトはそう簡単にはいかないだろう。

今後の相撲協会の決断の発表を待つとしよう。
 
 
以上です。
 
最後までお読み頂きありがとうございます。
 


Sponsored Link



 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする