札幌の花火大会2015年のおすすめは?日程は?おすすめの座席は?

 
夏は日本全国各地で花火大会が開催され、北海道もその例外ではありません。
北海道最大の都市札幌でも、北海道真駒内花火大会、道新・UHB花火大会、
モエレ沼芸術花火が開催されます。
 

 
 

札幌の花火大会2015年のおすすめは?

 
札幌の夏の花火大会で最大級なのは「北海道真駒内花火大会」で、
約22,000発もの花火を音楽や照明、
炎をミックスした演出を交えて鑑賞することができます。
 
 
今年の「北海道真駒内花火大会」のオープニングは
Perfumeのプロモーションビデオなども手がける
世界的クリエイター真鍋 大度さんが担当するということで話題です。
 
 
また、通常は花火師ごとに打ち上げられる花火を
コラボレーションで同時に打ち上げるのも特色で、
芸術性も高く評価されています。
 
 
その他、飲食店も多数出店されるので
美味しいものを食べながら目の保養もできます。
真駒内セキスイハイムスタジアムが会場になるので座って
花火が見れますし、どの席からでも花火が鑑賞できるので良いですよ。
 
 

札幌の花火大会2015年の日程は?

 
「第5回北海道真駒内花火大会」の開催日は7月19日(日)で、
時間はスタジアムの開場が16:00、
花火の打ち上げは20:00から21:00までの間です。
雨天決行ですが、荒天の場合は翌日の20日(祝日)に延期されます。
 
 
花火の打ち上げ(というか花火ショーと言った方が正確かも)は
1時間で終わるので、あっという間に思えるでしょう。
その代わりスタジアム周辺の屋台の営業は午後1時から始まっているので、
屋台巡りを楽しんだ後にシメとして花火を見るをおすすめします。
 
 
真駒内スタジアムへのアクセスは、
札幌市営地下鉄の真駒内駅からだと徒歩で30分はかかるので、
大会当日運行されるシャトルバスを利用します。
真駒内駅から片道210円で会場まで10分くらいです。
 
 

札幌の花火大会2015年のおすすめの座席は?

 
比較的低い位置で花火が打ち上げられることと、花火ショーとして楽しむには、
あまり前の方だと全体が見渡せないかもしれません。
花火の音も楽しみたいのであれば前の方が当然迫力があります。
 
 
花火全体を上から俯瞰したいのであれば、スタンド席のほうがおすすめで、
ステージ真正面のスタンドドリームシートか、スタンド指定席になり、
その両脇にスタンド自由席が用意されます。
 
 
スタジアムの外から花火を見ることは出来ないので、
ローソンかチケットぴあで事前に座席チケットを購入し、
各シートの料金は以下のようになります。
 
・エキサイティングシート(特等席) 1名/7,500円
 
・アリーナ椅子指定席(エキサイティングシートの後ろ) 1名/3,800円
 
・スタンドドリームシート(スタンド席ステージ真正面) 1名/5,500円
 
・スタンド指定席(スタンド席アリーナ後ろ) 1名/3,800円
 
・スタンド自由席(スタンド席アリーナ両脇) 1名/2,800円
 
 
料金は税込みで小学生以上は有料になり、
未就学児は1名につき膝上1名まで無料です。
 
 
チケットは各種プレイガイドで5月30日から始まっています。
ローソンチケット(Lコード:12345)、チケットぴあ(Pコード:629-310)です。
もしチケットを購入し忘れても、残りがあれば当日券(客席500円増し)
が購入可能です。
 
 

まとめ

 
最悪チケットが手に入らなかった場合、真駒内セキスイハイムスタジアムと
同じ敷地内にある真駒内公園から多少は見ることができます。
 
 
また、穴場として、スタジアムの西側にあるイオン藻岩店の屋上駐車場が
花火大会当日に観覧スペースとして開放されます。
迫力は欠けてしまいますが、チケットがなくてもそこそこ見ることができます。