淀川花火2015年日程は?最寄駅は?おすすめの穴場は?

 
水の都大阪に相応しい淀川花火大会は、
地元の住民による手作りの花火大会で、同じ地区内の企業や団体、
商店などの協賛を得て企画、運営、実行を手がけています。
 
 
自分たちで作る花火大会で地元を活性化しようという意気込みもあってか、
淀川花火大会に訪れる見物客も年々増えているようです。
 

 

淀川花火2015年日程は?

 
平成元年より始まった「淀川花火大会」は今年から「なにわ淀川花火大会」と
名称を改め、より地元に密着した手作り感ある花火大会になるようです。
 
 
花火大会の開催日時は2015年8月8日(土)になり、雨天の場合は決行。
荒天の場合は中止ですが、翌日の8月9日(日)に順延になる場合いもあります。
開催時間は午後7時50分から午後8時40までになります。
 
 
会場は新御堂筋淀川鉄橋より下流国道2号線までの淀川 河川敷になり、
協賛席(有料)は梅田側よりも十三側の河川敷の方が広くて種類も多く、
一番安いダイナミックシート、
大人だと2500円から、子供だと1500円からです。
 
 
会場付近の地図です
    ↓

 
 

淀川花火2015年最寄駅は?

 
十三側の会場の最寄駅はJR東西線御幣島駅、阪神電鉄姫島駅、阪急電鉄南方駅
もしくは十三駅、JR東海道本線塚本駅、地下鉄御堂筋線西中島南方駅です。
 
 
梅田側の会場の最寄駅はJR東西線海老江駅、地下鉄千日前線野田阪神駅、
阪神電鉄野田駅、JR東海道本線大阪駅、JR大阪環状線大阪駅 、地下鉄梅田駅などです。
花火大会はメイン会場が2つあるので、目的の会場に近い駅を事前に確認してください。
 
 
最寄りの駅に到着するのが午後6時頃を過ぎると花火の打上時間に間に合わない
場合もあるので、少し早めに会場に向かうようにしてください。
 
 
午後6時45分を過ぎると見物客で河川敷が込み合うので、
河川敷内への立ち入りを制限されたり、
打ち上げまでに会場に到着できないこともあるので注意してください。
 
 
また、安全に花火大会を楽しむためにも、
会場及び周辺地区では警備員等の指示・誘導に従うようにして下さい。
 
 

淀川花火2015年おすすめの穴場は?

 
有料の観覧席以外で花火を鑑賞するのであれば淀川河川公園の海老江グランド
周辺がおすすめで、淀川駅からも近く徒歩10分です。
花火大会会場の最寄り駅である十三駅や中津駅に比べて淀川駅は比較的空いて
いるので海老江グランドにもすんなり辿り着けると思います。
 
 
上流の淀川河川公園の西中島地区野球場からも花火が見えますが、打ち上げ会場
からは少し遠くなるのと、その分少し迫力に乏しい感じもしますが花火は問題なく見れます。
 
 
地下鉄御堂筋線中津駅から会場と反対方向に歩いて行った先にある本庄公園も
グランドから花火がよく見えますし、あまり混雑していないのでゆっくり花火を見物するのに
良いのですが、打ち上げ終了後中津駅は帰宅する人でとても混雑します。
 
 
花火と夜景とを一緒に眺めることができるのが大阪府咲洲庁舎展望台です。
最寄り駅は地下鉄中央線の終点コスモスクエア駅かニュートラムのトレードセンター前駅で、
花火大会会場からはだいぶ離れますが日本で三番目に高い展望台からの眺めは最高です。
 
 
花火大会当日は55階の展望台と屋外展望スペース(第二展望台)が解放され、
入場料は大人(高校生以上)が500円で子供(中学生以下)は200円です。
 
 
また、花火大会当日の混雑の具合によっては展望台への入場制限がありますから
展望台で花火を見るのであれば早めに到着することをおすすめします。
 
 

まとめ

 
何処の花火大会も同じですが、混雑を整理する警備員や通行を誘導する警察の指示に従い、
けがや事故に気をつけて花火大会を楽しんでください。