足立花火大会の2015年の日程や開催場所は?穴場スポットは?

東京の花火大会といえば隅田川の花火大会が有名ですが、
それに次ぐ歴史を持つのが「足立の花火」です。
会場には両岸に広い河川敷があるので
ゆったりと花火を鑑賞できます。
 

足立花火大会の2015年の日程や開催場所は?

 
7月18日(土)の19:30~20:30の間に約12,000発の花火が打ち上げられます。
会場は東京メトロの千代田線鉄橋~西新井橋の間の荒川の河川敷です。
ただし、荒天の場合は翌日に延期され、翌日も荒天の場合は中止となります。

ちなみに、河川敷と土手は雨などで足元が滑りやすくなるのでご注意ください。
また千住側(堤南)の打ち上げ場所は観覧場所の混雑が予想されますので、
土手に座って鑑賞するであればレジャーシートを用意した方が良いでしょう。

足立花火大会の2015年の穴場スポットは?

 
指定観覧場所は千住側(堤南)と西新井側(堤北)がありどちらも無料で、
千住側(堤南)が花火の正面になるので毎年多くの人で混雑します。
西新井側(堤北)の方が観覧場所が広いのと裏側なので多少は空いています。

他の穴場スポットとしては…

【扇橋大橋付近】
打ち上げの会場から少し離れますが、花火を正面で見ることができます。

【虹の広場】
虹の広場は千住側の河川敷にあり、千住新橋とつくばエクスプレス線の
中間くらいで、打ち上げ会場から少し離れていることから
本会場ほど混雑しません。

【屋形船】
事前に予約が必要ですが、少人数でゆっくり花火が観賞できるのと
水上から見る花火は風情があります。
ただし、川の上や河川敷は冷え込むことがあるのでご注意ください。

…などが挙げられます。

足立花火大会の2015年のおすすめの最寄り駅は?

 
東武スカイツリーラインの小菅駅が会場までのルートがホームから
見えるくらいなので分かりやすくて良いでしょう。
小菅駅、五反野駅、梅島駅からでも会場まで徒歩で15分ぐらいです。

または、東武スカイツリーラインの堀切駅で降りたあたりから、
土手づたいに会場に向かいながら鑑賞するのもおすすめです。
ただ、千住新橋が邪魔になって少し見づらいかも知れません。

あまり混雑していない駅から、花火を眺め、屋台を楽しみつつ、
ゆっくりと会場に向かうのも良いでしょう。

まとめ

 
早い時間から行けるときは、
新橋を越えた方が迫力ある花火を見ることができると思います。

荒川は河川敷が広いので、どんなに混んでも花火が見られないような
ことはまずないでしょう。

座って鑑賞したい人は一旦土手の下まで降りてから
周りをよく見渡すとスペースの空いてるところが結構見つかると思います。