クールビズのシャツの着こなしは?襟は?ジャケットは必要?

 
クールビズという言葉もだいぶ定着しましたが言葉のみが先行して、
実際どういう服装がクールビズの範疇に入るのかお悩みの方も
多いのではないでしょうか?
   
  
夏場に職場の冷房の使用率を下げるために提唱された省エネルギー
対策の一環として、「涼しい服装」を奨励するのが
クールビズのはじまりですが、「涼しい服装」でも
だらしないようでは仕事にも差し支えます。
 
 
職場でも取引先でも相手に好感を持たれるクールビズの着こなしを
心がけるようにしましょう。

 

クールビズのシャツの着こなしは?

 
クールビズの着こなしにおける基本ポイントはノーネクタイになりますが
暑さ対策を主旨とするクールビズではビジネスマンを象徴するネクタイも
首元からの熱を逃がすためノーネクタイでも失礼にならないとされます。
 
 
シャツは半袖でも認められますが管理職が着ると軽く見られるという
意見もあるので、管理職以上の場合はシャツの生地素材に気を使い長袖でも
涼しいシャツを着たほうが無難かも知れません。
綿100%のシャツも涼しいのですが季節感がある麻などの生地であれば
クールビズらしいので特に夏の暑い時期はオススメです。
 
 
基本的にシャツだけで過ごすようになるので当然シャツのしわに
気をつけなければなりませんし、シャツの下に着る肌着にも
気を配る必要があります。
 
素肌に直接シャツを着ると汗をかいたときに見苦しいのでNGとしても、
濃い色の肌着がシャツに透けて見えるようなのも着こなしとして失敗です。
 
 
肌着はシャツの邪魔にならない白が基本で、その他にはシャツの裾を
ズボンにキチンと入れるとかズボンのしわであるとか、ズボンやシャツの
ポケットに小物を入れすぎていないかとか、ベルトはちゃんとしたものを
締めていることが着こなしのポイントになります。
 

クールビズのシャツの襟は?

 
クールビズ用のシャツとしてボタンダウンを着るのが正しいマナーという
決まりはありません。
ポイントは、ノーネクタイということでネクタイさえしなけば良いと
考えているようでは着こなし失敗だということで、
ボタンダウンでなくても襟の形がきれいなものであればOKです。
 
 
ボタンダウンの他にもスナップダウン、クレリックといった襟のシャツがあり
ノーネクタイでも襟が広がらず襟元に清潔感があるシャツであれば
特に決まりはありませんから、自分の好きなタイプのシャツを選んで
着こなしの幅を広げましょう。
 
 

クールビズでジャケットは必要?

 
環境省が示すクールビズの基準によるとジャケットは着ても着なくても
良いことになっていますが、これはあくまで環境省の目安なので、
職場自体のドレスコードがあるならそれに沿った服装を心がけてください。
 
 
一般的には営業などの社外の人と会う機会の多い部署はクールビズの
期間中であってもジャケットは必要でしょうし、取引先がクールビズを
採用している会社であっても訪問する際にジャケットを着用するのは
ビジネスマナーと言えます。
 
 
通勤中までジャケットを着用する必要は無いので、職場のロッカーなどに
仕事用として置いてもいいのですが、ただし、ズボンとの色の組み合わせも考えて
数着用意しておく必要もあるでしょう。
 
 

まとめ

 
政府の主導ではじまったクールビズですが、瞬く間に広まったのは
やはり楽だということにつきるようです。
クールビズは確かに楽な服装ですが、楽であることにとらわれて気持ちまで
緩み服装がだらしなくならないように気をつけましょう。