糖質制限ダイエット痩せる仕組みとは?

<私が実践してきたやり方ですが、 個人差がありますので、自己責任でお願いします>       糖質制限ダイエットで痩せる仕組みですが   本来、糖質(炭水化物)は、体内で、 脳の活動エネルギー源であるブドウ糖に変化し     血中のブドウ糖の濃度(いわゆる血糖値)が 上昇します。

花粉症対策に良い食べ物!悪い食べ物!帰宅後の注意点は?

春の訪れは嬉しい反面、 花粉症の人にとっては辛い季節の到来です。 毎年お薬を飲んだり 病院に治療に通う人も少なくないのでは? 良くないとは知りつつも症状をやわらげるために 強いお薬を服用したり、 さらに効果が強い注射治療を 受ける人もいるかと思います。 長期的な治療薬の服用は少なからず 副作用が表れるので、できれば お薬に頼りたくないのが本心ではないでしょうか? 減感作療法などの体の免疫力を高める 治療法を併用しつつ、食事療法で自分でも免疫力を高めて お薬の使用量を減らすことも心がけましょう。

花粉症対策の注射は危険?副作用は?価格は?

地球温暖化が問題になっていますが、 海面水位の上昇だけにとどまらず生態系へも その影響はおよび、 スギ花粉の飛散増加の原因とも言われます。 国としてもスギの木の伐採などで 花粉症の対策を進めてはいますが、 人手や予算などの都合で なかなか進展しないのが現状です。 そうした状況の中で年々 花粉症の症状を訴える人は増えつつあり、 その症状も重くなる傾向が見られ 注射での治療に頼る人もいるようです。

花粉症の薬飲み始めはいつ?飲み終わりは?2015年の花粉は少ない?

毎年春になると多くの人が主にスギの花粉による花粉症に悩まされますが、 ほとんどの杉の木が戦後に植樹されたということをご存知のでしょうか? 昔から炊事や暖房の燃料として、戦争中は木炭の原料として多くの木が 伐採され日本中に禿山が増え、戦後に大規模なスギの植林が行われました。 なのでスギ花粉による花粉症は自らが招いた環境破壊の結果とも言えますが、 環境の改善を待ってはいられないので、まずは花粉症対策が必要です。

日焼け止め化粧品の選び方は?使うコツは?バッチテストやり方は?

真夏の日差しの強い日に外出して直射日光を浴びると「痛い」と感じることがありますが、 この感覚の原因のひとつになっているのが太陽光に含まれる紫外線です。 紫外線は日焼けの原因になりお肌の老化を促進するとされていますし、白内障などの眼病の 原因ともみなされています。 また紫外線は夏場だけではなく冬場も受けていますが、夏場の半分程度の線量にとどまります。 だいたい4月頃から紫外線の線量は増え始めるので、そのまえに対策を立てておきましょう。

母の日のプレゼントで義理母には何を贈る?お花が定番?他のオススメは?

5月の第2日曜日はお花屋さんのかき入れどきで、どのお花屋さんの店先も カーネーションの花で華やかに彩られます。 従来はカーネーションの花を母の日に贈るのが定番でしたが、最近では 思考を凝らした贈り物も見られるようになり、その分頭を悩ませている人も 少なからずいるようです。

新入社員の歓迎会の挨拶の内容は?お酌はするの?寸志はだすの?

入社式を終え自分の部署に配属されると最初に待っているのが 新入社員歓迎会の洗礼です。 酒の席とはいえ歓迎会での自分に対する評価は人物評価の側面もあり、 職場の潤滑な人間関係を築く上であなどれません。 しかしあまりガードを固めていては同僚と打ち解ける事もできなないので、 そのバランスが思案のしどころです。

エボラ出血熱発症地域はどこ?感染ルートは何か?予防方法は?

2014年にニュースでたびたび報道されたので、エボラ出血熱という病名を 一度は耳にされた方も多いのではないかと思います。 ニュースから感染の危険性などの情報は得られても、遠いアフリカの出来事に 現実的な危機感を持てませんが、現在もエボラ出血熱の患者は発生しています。 またグローバル化された現代社会ではエボラ出血熱が日本に上陸することも 心配されるので、多少なりとも予備知識を身に付けておくことは必要でしょう。

日焼け止めは日常生活でも必要?選ぶポイントは?アイテムは?

女性にとって白い肌は永遠のあこがれであり、日本では飛鳥時代から 「白粉(おしろい)」が化粧品として使われていたそうです。 現代においても女性は白い肌を求め、日焼けなどは女性の大敵と言えます。 白い肌を保つことは全ての女性にとって永遠の探求課題なのでしょう。

紫外線が肌に悪いのはなぜ?なぜサングラスがいいの?選び方は?

様々な色やデザインのサングラスがある中で、自分に似合うサングラスを 見つけるのは案外難しいものです。 またレンズの色によって何が変わるのかなど、基本的な知識を踏まえた上で サングラスをセレクトできるようになれば、おしゃれの幅も広がることでしょう。