大矢誠 家族構成は?裁判結果と、現在はどうしているのか?

いや、これは本当にまずいでしょう。法律違反ではないことを知ったうえで、意図的にやっているわけなので、動物愛護精神のかけらもないわけですから。道徳的にやったらいけないこととそうでないことの区別もつかないのでしょうか。
そんな非道なことを平気でする大矢誠容疑者の家族構成と、裁判について、ちょっと調べてみました。




Sponsored Link


大矢誠容疑者の家族構成は?

 
 
調べによると、大矢誠容疑者には妻と子どもが二人いるそうです、年齢などは報道されていないので、詳細は不明ですが、現在は、妻と子どもは大矢誠容疑者と一緒にすんでおらず、別居しているそうです。
 
 
ひょっとしたら、大矢誠容疑者の異常に気づいて止めたのかもしれませんね。

止めたけど、一向にやめる気配もなく、何度も繰り返していたから、見るに見かねて出ていった。

そんなところでしょうか?

奥さんが、子ども二人を連れていったのでしょうけど、懸命な判断だと思います。
 
 
大切なお子さんには未来があるので、それを奪う権利は大矢誠容疑者にはありません。

その家にいたら、近所の目もあるでしょうし、野次馬、マスコミがどんどん押し寄せていたでしょう。

もし、そうなったら、お子さんも世間にさらされていたかもしれません。

お子さんの年がまだわかりませんので、大矢誠容疑者が52歳だということを考えると、ひょっとしたら、もう社会人になっているかもしれませんが、もし、あの家に留まっていたら、平穏な社会人生活を送ることは非常に難しくなっていたことでしょう。
 
 
仮に社会人ではなく学生だったとしたら、もっと悲惨だったでしょう。
いいとばっちりかもしれませんが、奥さんやお子さんには罪はないので、人しれないところで、平穏に暮らしてほしいと思います。
 



Sponsored Link


 

大矢誠容疑者の裁判はいつ?

判決は12月12日に行われました。

判決などは、ニュースサイトに載っているので、細かい部分は省きますが、かなり減刑された印象を受けます。

裁判は、通常過去の類似判決例を参考に判決を決める習わしで、それを大きく変えることは滅多にないそうです。
 
 
それに動物は、人間ではないからなのか、かなり低く見られ、さほど思い罰はありません。
 
 
でも、それは、以前の話であって、今は動物愛護法も出来、人間の動物への共存意識もかなり高くなっているように思います。

ましてや今回のケースは法律に違反していないからと、道徳的に反する残酷なことを何度も繰り返しているわけなので、こういうケースの場合は、例外的に重罰を認めても良いと思います。
 
 
そうすることで、第二、第三の大矢誠容疑者の出現を防ぐことにもつながるでしょうし、動物を虐待する人への抑止効果にもつながるでしょう。

すぐに法律を変えることは難しいでしょうし、事前の準備も必要だと思いますが、前向きに検討してもらいたいと願います。
 
 
以上です。
 
最後までお読み頂きありがとうございます。
 


Sponsored Link



 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする