大広一葉 画像、twitter、Facebookは?SNSアカウントを調べてみました!

不慮の事故が招いた悲しい事件が起きましたね。全面的に学校側の管理に問題があったとされていますが、果たして原因はそれだけでしょうか
そそもそも、なぜ、今回のような事故が起こったのか?二度と起こさないようにするために、とのように対策を立てるか?その辺りを検証して行こうと思います。




Sponsored Link


大広一葉さんの顔画像、Facebookやtwitterアカウントは?

大広一葉さんはどんな顔をしているのか?気になる人もいるかと思いますが、ニュースサイトやネットを調べてみた所、一切掲載されていませんでした。

未成年なので、掲載しないように配慮されているのかもしれません。
気になるところではありますが、遺族のこともあるので、グッと堪えるた方がいいかもしれません。
 
ちなみにFacebookとtwitterですが、こちらのアカウントは見当たりません。
 
 
他の記事でtwitterのアカウントのURLが掲載されていましたが、いまではクリックしても見れないので、アカウントごと削除されたと思われます。
 
 


Sponsored Link


事件の原因は何か?

ニュースサイトに大体のことは記載されているので、詳細知りたい人はそちらを見ていただくとして、今からは私の個人的な見解を述べさせていただこうと思います。
 
 
今回の事件ですが、幾つもの隠された要因が合わさって起きたことと考えています。

行きますね。
 
 
そもそも、陸上部の顧問と学校が総スカンを食らっていますが、
それなりに責任はあるでしょうけど、陸上部の顧問と学校だけではないようにおもいます。
 
 
と言うのも、度々、サッカー部のグランドにハンマーが飛んできたことが過去に何度かあったとサッカー部員が話していますが、この事実に対して、サッカー部の顧問この事実を知っていのか?

また知っているなら、何も思わなかったのか?
対策取らなかったのか?
 
 
この点が疑問です。
 
 
次に、サッカー部のグランドの北側を陸上部と交代で使っていたということですが、その理由は、充分な広さの練習場を確保できないからなので、サッカー部員が片付けるまでは、ハンマー投げなど危険な練習は一切しないようにするべきであり、

また、サッカー部も陸上部が練習始めたら、さっさと片付けるなりして、北側には絶対立ち入らないように徹底するべきだったのでは?と思います。
 
 
とすると、

陸上部の顧問だけでなく、ハンマー投げた部員と大広一葉さん、更には、サッカー部の顧問、それぞれの注意不足から起こった事件とも捉えれるわけです。
 
 

まとめ

 
 
こういった事件は再発防止するために、原因を追求することはとても大事なことです。

でも、犯人探しをすることが全てじゃないと思います。
 
 
確かに現場にいなかった陸上部の顧問にも責任はあるでしょうし、学校長にも責任はあるでしょう。

でも、顧問は生徒に早く帰るように伝えていましたし、ハンマーを使う時は、周りに注意するようなルールを作っていたようなので、安全管理を一切気にしなかったとは思えません。
 
 
学校長も、校内に照明を設定し、薄暗くなっても事故が起きないように防止に務めていたとも捉えれます。
 
 
防止に務めていても、事故が起きてしまったのは事実なので、相応の責任を取らないと行けないのでしょうけど、今回のケースは関係する人のちょっとした注意不足が積み重なって起こった事件でもあります。

逆に、関係する人が少しずつでも、注意するように意識していれば、こんなことにはならかったかもしれませんね。
 
 
大広一葉さんのご冥福をお祈りします。

以上です。
 
最後までお読み頂きありがとうございます。
 


Sponsored Link



 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする