大平剛史 顔画像は?大阪道頓堀のクレーンゲームに細工し47万円詐取!

いつか起こってもおかしくないと思っていましたが、まさか筆者の地元大阪南エリアの若者がよく集う道頓堀で、こんな事件が起こるとは。。。正直ショックを隠せません。クレーンゲームをする時は慎重にならないといけませんね。
そんな今回の事件の当事者の大平剛史さんはどんな人物なのか?顔画像はあるのか?この点にスポットを当てて調べてみたいと思います。




Sponsored Link



 
 

大平剛史さんはどんな人物?顔画像はあるか?

調べによると、大平剛史さんは現在33歳で、大阪市浪速区にあるゲームセンター運営会社「アミューズメントトラスト」の代表取締役です。
居住地域や家族構成については不明とされていますが、33歳なら結婚していてもおかしくないでしょう。
 
 
詳細情報が、ネットにないか調べてみたのですが、特にそれらしき情報もなく、代表者名だけでなく、法人名でも検索してみましたが、それらしき情報が見当たりませんでした。

顔画像も併せて調べてみましたが、本人らしい画像が一切なかったので、特に公表しているわけでもなさそうです。
 
 
また、SNSで何か投稿していないか、Facebook、twitterで、それぞれ調べてみましたが、本人と同じアカウントはあるものの、情報が少ないため絞りきれなかったので、公表は控えます。

もし、人間違いだったら、とんでもないことになりますからね。
 
 
今流行りのベンチャー企業だったら、インターネットを有効に活用していそうだったので、色々調べてみたのですが、特にこれといった情報がなかったので、思いすごしだったようです。

引き続き、他のニュースサイトや、SNSも調べ、詳細分かり次第、こちらのサイトに更新していきます。



Sponsored Link


大平剛史容疑者が実行犯なのか?

ニュースサイトによると、逮捕されたのは経営者を含めた6名なので、大平剛史容疑者が直接指示をした実行犯なのかはわかりません。

ひょっとしたら、実行犯は別の者で、大平剛史容疑者は単に責任をなすりつけられた可能性もありえます。

ただ、それは大会社ならありえるかもしれませんが、今回の事件の会社である「アミューズメントトラスト」社が、大会社とはとても思えません。
 
 
なので、さすがに全く知らなかったわけではないでしょうし、代表取締役という立場からシラを切るわけにはいかないでしょうね。
 
 
ちなみに、本ニュースで取り上げられた場所は、大阪市の中央区道頓堀1丁目と同市浪速区難波中2丁目のゲームセンター、他4件です。

筆者の地元のお気に入りの地域だっただけに今度からこの地域に立ち寄った際は、警戒心を高めざるをえないので、少し残念な気持ちで一杯です。
 
 
大平剛史容疑者ら他5名にはしっかり罪を償ってもらい、更生してから社会復帰してもらいたいと思います。
 
 

追加情報

25日に新たな情報が入りました。
 
 
新たな実行犯がいたようです。

名前は佃明典30歳、アミューズメントトラスト社の社員であり、今回の事件の実行犯でもあります。

なんとマニュアルまで作成して、従業員に配布していたというから驚きですね。

ターゲットは観光客を中心に狙い、最初は無料で遊ばせ、段々と価格を上げていく手法。

人間の心理について、かなり考えられています。

これは、知らない人なら騙されても仕方ないわ!と思います。
 
 
詐欺に引っかかりたくない人は、は知っておいたほうが良いかもしれません。
   ↓
佃明典 顔画像は?クレーンゲーム詐欺のあくどい手口をこっそり公開!
 
 
以上です。
 
最後までお読み頂きありがとうございます。
 


Sponsored Link



 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする