新潟祭り2015年の日程と内容は?アクセスは?

新潟市内を流れる信濃川河畔で行なわれる花火大会で有名な新潟祭りは、
過去それぞれに行なわれていたよっつのお祭りをひとまとめにして、
三日間にわたって催される盛大なお祭りです。

三夜連続で信濃川の両岸から打ち上花火を見ることができるというのは、お祭りを
見物する観客にとっては日にちが選べてうれしいですね。

花火以外のイベントも盛りだくさんで、お祭り期間中に設けられるお祭りひろばの
ステージイベントは一般出場者も募集していて、自慢のパフォーマンスを披露する
参加者ですぐに申し込みが一杯になるほどです。

新潟祭り2015年の日程と内容は?

新潟祭り2015年の日程は、8月7日(金)8日(土)9日(日)となっています。
初日7日のメイン会場はJR新潟駅の万代口出口の目の前の東大通を真っ直ぐに
進み、萬代橋を渡った先になります。

7日は東大通で日本最大級の民謡流し踊りが19時~21時の間予定され、
流し踊りの終了間際の20:50から踊りを締めくくりるスターマインが萬代橋が
架かる信濃川の川の中から打ち上げられます。

8日は住吉神社の古式ゆかしい行列が10時に、新潟キラキラパレードが10:20に
同じ東大通を練り歩き、12:40からは約50隻の船舶を連ねた水上みこし渡御が
新潟港の水産物物揚場の近くから出船します。

東大通と交差する古町通では13:30から手作り子供神輿が、14:00から山車と
万代太鼓が、14:20には住吉神社の行列が、そして最後に16:00から市民神輿が
予定されています。

そして19:45から20:30まで7日と同じ場所で花火が打ち上げられますが、8日は
花火と音楽のコラボが楽しめます。

新潟キラキラパレードの到着地点の先にあるお祭り広場でも10:00~17:00の間、
一般参加者による様々なパフォーマンスを楽しめ、周囲には飲食ブースもあります。

最終日9日は、お祭りひろばが10:00~16:00まで開催され、住吉神社の行列が
10:00に上大川前通を八千代橋から萬代橋方向へ、13:00には本町通を今度は
逆に練り歩き、14:10には県立新潟高校前の通を練り歩きます。

そして19:15から20:30まで信濃川やすらぎ堤緑地で花火が打ち上げられ3日間の
お祭りを締めくくります。
なお荒天の場合、花火は翌日の10日に延期されます。

新潟祭り2015年のアクセスは?

イベントの種類によって最寄り駅は変わりますが、7日と8日は東大通がメイン会場に
なるので、電車の場合最寄り駅はJRの新潟駅になり、万代口をでて徒歩15分くらいで
会場にたどり着けます。

9日は新潟市役所周辺に行列も移動し、花火大会も信濃川やすらぎ堤緑地に会場を
移すので、電車の場合最寄り駅はJR越後線白山駅になります。
白山駅から花火大会の会場までは徒歩10分くらいです。

車の場合は、北陸自動車道「新潟西IC」、磐越自動車道「新潟中央IC」から約15分で
会場周辺に到着しますが、各種お祭りイベントの30分前には交通規制されてしまう
のと、東大通周辺に有料駐車場はありますがおそらく数が足りないだろうということと、
渋滞で駐車場までたどり着けない可能性が高いので、できるだけ電車を使うことをおすすめします。

会場周辺の地図です。
   ↓

まとめ

新潟祭りはお祭りの会場も広く三日間開催されるので、思い切って新潟市内のホテル、
旅館を予約してゆっくりとお祭りを見て回るのも良いかも知れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする