仲里依紗 ハーフ!?父親がスウェーデン人!?超イケメンなのがヤバイ!

仲里依紗さんってハーフというかクォーターだったんですね!
全然知らなかったです。

いやー無知って怖いですね。

芸能人でも他にも何人もいるそうなので、良い機会だから、ちょっと調べてみることにしました。




Sponsored Link


仲里依紗さん以外のクォーター芸能人!

 
 
と、その前に!

仲里依紗さんの記事なので、仲里依紗さんについて先にお話しますね!
簡単なプロフィールは他のサイトに記載されているでしょうから、省略します。

ちなみに、芸能界デビューのきっかけは、妹さんが景品のテレビ欲しさに勝手にオーディションに申し込んだそうです。笑
 
 
勝手に申し込まれて、そのままおとなしく出場するのもすごいが、そのまま賞をとってくるところもすごいです!

その後、テレビは妹さんにあげたのでしょうか?
ちょっと気になりますが、本当のところはどうなのでしょうか?

気になって夜も眠れません!笑
 
 
とまあ、くだらない冗談はさておき、
 
 


Sponsored Link


クォーター芸能人発表!

ざっと調べた限り、以下の人たちがそうです。

・青山テルマさん
・観月ありささん
・大島優子さん
・木村カエラさん、
・渡辺直美さん
・黒木メイサさん
・梨花さん
・宮沢りえさん
・トリンドル玲奈さん
・スザンヌさん
 
 
まだまだいますがキリが無いので、このへんで!
  
 

特徴として、目が大きいのとスタイルが良いところ!
そして顔が小さいところです。

いやーそう考えるとやっぱり純日本人ではないですね。
 
 

確かに、いろんな国の人とクォーターがいますが、一昔前に比べてかなり増えたので、国際的な感じになって嬉しい気がするのは筆者だけではないかと思います。
 
 
ただ、国際的ということは、その分日本に住むハーフが多いということで、日本を好むハーフ(外人)は、当然のことですが、日本の文化に憧れ、しつけには非常に厳しいようです。

例えば仲里依紗さんのご実家では、ハーフのお父さんのしつけが結構厳しいようで、里依紗さんが、靴を欲下駄箱に入れるのをわすれていたそうですが、それをお父さんに見つけられると、靴を外のに投げ出されるそうです。
 
 
それだけではなく、行儀や作法にも厳しかったようです。

そんな、つらい時期を過ぎている影響からか、些細な事では動じなくなり、堂々たる立ち振舞を佇むようになっています。

そんな仲里依紗さん、カッコイイですね。
 
 

ご実家でのしつけのことを聞かなかったら、単に礼儀正しい人だね。くらいの認識にしかなりませんでしたが、お父さんの厳しいしつけの元で、今の作法が身についたとしたとしたら、(苦労したんだろうなー)って思えますね。

また、テレビでのご活躍ご期待しています。
 
 
以上です。
 
最後までお読み頂きありがとうございます。
 


Sponsored Link



 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする