顔画像あり!茂木勝行 売上6億稼ぐデリヘル店は東京台東区にあった!

4年半で6億5千万円を売り上げたデリバリーヘルスの経営者が逮捕される事件が報道されました。

風俗店はどこにでもあるので、特に目新しくないですが、売上額が驚きですね。

しかも、この経営者茂木勝行容疑者は年収1千万円得ていたそうです。
そんな茂木勝行容疑者の素性、顔画像について掘り下げていきましょう
 
 



Sponsored Link


茂木勝行容疑者の素性は?顔画像は?

派遣型風俗店「いちごハウス」は東京都台東区上野と公表されていますが、茂木勝行容疑者の居住地域や家族構成については報道されておらず、未明です。
 
 
また、SNSも念のため調べてみましたが、Facebook、twitterともに本人のアカウントにたどり着けませんでした。

本人らしいアカウントはありましたが、情報が少なく、断定できないため、間違えていたら一大事なので、公開するのは控えます。
 
 
尚、顔画像については、ニュースサイトで公表されていたので、お伝えします。
    ↓

 
引用:ヤフーニュース
 
 


Sponsored Link


茂木勝行容疑者が6億円売り上げたのは本当か?

派遣型風俗店「いちごハウス」は、東京台東区上野にあり、この地区で最大規模の売春クラブとされています。
 
 
従業員の女性は21歳から40歳までが働いており、お店は勧誘係、案内係、受付係と役割を分担して男性客を勧誘し、2013年ごろからこれまでに約6億5千万円を売り上げていたということです。

そのうち、茂木勝行容疑者は4年で4千万円を給料として受け取っていたそうなので、年収ベースで1千万円ですね。
 
 
売上に対して少ないように思えるかもしれませんんが、茂木勝行容疑者独自で経営していたわけではないようなので、マージンなどを払っていたことでしょう。
 
 
個人的にはいくらぐらい払っていたのか気になりますが、店舗経営で、広告費、人件費、家賃、諸費用が5割から6割として、6億5千万円のうち約3億か、4億くらいでしょうか。。。

めちゃくちゃボロ儲けですね!笑
 
 
そう考えたら、茂木勝行容疑者の手腕は相当な腕前のように思えます。風俗は違反なので、いけませんが、別のことに使えばこういう結果にならなかったのかもしれません。
 
 
ただ、風俗だからこそ、これほどのお金が動いたとも言えるかもしれないので、なんとも言えないですけどね。
 
 
風俗が何の罪になるのか?本人が承諾していたらいいではないか!とネット上では賛否両論あるみたいですが、罪は罪なので、しっかり認識して反省してもらいたいと思います。
 
 
 
よく読まれる男女間のトラブル、風俗関係の人気記事はこちら
   ↓
中村加代子 顔画像は?逮捕理由は1000万円の転売!八尾市の風俗嬢恐ろしや~!
 
 
安垣瑠威 顔画像は?大津和世さん殺害のスピード逮捕の事実がヤバすぎる~!
 
 
橋本誠一 顔画像は?風俗店経営者と二人の中国人女性が逮捕!

 
 
以上です。
 
最後までお読み頂きありがとうございます。
 


Sponsored Link



 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする