磨田昌人 顔画像は?Amazonでスタバのニセモノ販売、70万円荒稼ぎ!

またとんでもない事件が発生しました!

あのAmazonでスタバのニセモノスマホケースを販売し、荒稼ぎしていたそうです。

そんな磨田(みがきだ)昌人容疑者について、どんな人物なのか?
顔画像を含めて調べてみることにしました。
 
 



Sponsored Link


磨田(みがきだ)昌人容疑者はどんな人物か?顔画像はあるか?

報道によると、磨田昌人容疑者は千葉県道野辺中央1丁目の会社員31歳だそうです。
 
 
会社員ということは副業でAmazon販売をしていたということですね。

他の情報がほしい所なので、ネットで検索してみましたが、
特にこれと言った情報は得られませんんでした。

また、SNSで何か投稿している可能性も考えられるので、Facebook、twitterなど調べてみた所、
本人のアカウントが見当たりませんでした。
元々SNSをやっていないのか、事件発覚後、拡散を恐れてアカウントを削除したのかわかりません。
 
 
他のSNSや、ニュースメディア、新聞、個人ブログ、など併せて調べ、
詳細情報ありましたら、更新していきます。
 
 


Sponsored Link


Amazonのシステムについて

海外から仕入れて、国内で販売する手法は輸入転売と言われ、
副業として取り組んでいる人も少なくないと言われています。

特にAmazonは集客不要、発送不要なので、
副業でも充分取り組めますので、一定の知識があれば、誰でも取り組めます。
 
 
やり方としては、Amazonのサイトに登録することで出品することができ、
FBAという配送システムを使い、Amazonの倉庫に保管しておくことで、
売れたらAmazonが梱包して配送してくれます。

その後、Amazonがマージンを抜いた手数料が出品者に振りこまれますので、
Amazonは集客と販売、出品側は商品を用意すること、
それぞれに専念することができるので、双方に旨味があります。
 
 
ただし、当然ながら、ニセモノはだめで、Amazonの中では取扱禁止商品の項目に入っています。
 
いくらAmazonと言えでも犯罪の片棒を担ぐわけはないので、その点は購入する側からしても安心です。
 
 
でも、今回のように、Amazonの目をかいくぐって悪さをしてくる人も後を絶たないので、
それが悩みのタネだそうです。
 
 
たかが数千円程度の商品ですが、購入した側からしたら、ニセモノを掴まされたわけなので、
たまったものではありません。

妙に価格が安すぎるなと思ったときは注意が必要ですね。

本当に困ったものです。
 
 

二度とこういうことをやらないように、しっかり反省してもらいたいと思います。
 
 
以上です。
 
最後までお読み頂きありがとうございます。
 


Sponsored Link



 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする