菊池悠希 彼氏いるの?尊敬している男性とは一般人、有名人、一体誰なのか?

平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)で有名な菊池4姉妹の三女菊池悠希(ゆうき)選手ですが、ゴーグル外した素顔がとても可愛いと評判です。これだけ可愛いと彼氏がいてもおかしくないですが、実際の所はどうなのでしょうか?ちょっと調べてみることにしました。
 
 



Sponsored Link



 
 

菊池悠希選手は彼氏いるの?

ネットの情報やSNSを調べてみた所、特にそれらしい情報は見当たりませんでした。

また、Facebookアカウントも判明しましたが、特に彼氏らしき人との交流もありませんでした。
 
 
とあるメディア情報では、2010年バンクーバー大会のスピードスケート男子500mで銀メダルを獲得した長島圭一郎選手を尊敬していると話されています。

菊池悠希選手も、

と語っています。

ただ、あくまで尊敬する人どまりで、深い付き合いなどはないようです。
 
 
そもそも、オリンピックのことで頭が一杯で、彼氏のことまで気がまわないのかもしれませんね。

菊池悠希選手もお年頃なので、全く興味がないわけではないでしょうけど、彼氏を作って一緒に遊びに行っている時間があるなら、その分練習をして少しでもスキルを磨きたいと思うのかもしれません。

オリンピックは4年に1度しかチャンスが無いので、その1回を逃したら、次回は4年後なので、非常にシビアに考えてしまいがちです。
 
あのとき◯◯だったら!
 
と 後悔しても遅いので、1回1回を後悔の無いように競技に励んでいくわけです。
 
 
ただ、ひょっとしたら、密かに思いをよせている人がいて、突然引退発表をして、そのまま婚約し、ゴールインということもありえるかもしれません。

それはそれでおめでたいことなので、そういった発表があったら、心から祝福してあげたいですね。
 
 


Sponsored Link


菊池悠希選手のプロフィール

生年月日:1990年7月24日
出身地:長野県
身長:160cm
血液型:AB型
最終学歴:立教大学
所属:ANA

ちなみに、将来に備えてなのか、簿記の資格を保有しているそうです。

簿記ができれば、引退後もお金のことを知らないばかりに苦労することもないでしょうから、安心ですね。
 
 

菊池悠希選手のお父さんは、悠希選手の生まれ故郷である長野県南佐久郡南相木村の前村長という凄い経歴の持ち主で、お母さんは、南相木村で2014年9月から営業している古民家カフェ・里山ダイニングPachaMaMaのオーナーを務めているそうです。

ちなみに、ともにスケート競技に打ち込んでいた時期があり、お母さんは高校生の時に国体に出場した経験を持っています。
  
 
次に姉妹ですが、
 
長女:真理亜(まりあ) 中学までスケート→今は美容師
次女:彩花(あやか) スピードスケート(富士急行)
三女:悠希(ゆうき) ショートトラック(ANA)
四女:萌水(もえみ) ショートトラック(早稲田大学)
五女:純礼(すみれ) ショートトラック(トヨタ自動車)

と、家族全員がスケート経験者なんですね。
 
ちなみに五女の純礼さんとは年が近いこともあってか仲が良いようで、Facebook内でもやりとりをしています。
  ↓


 

 
   
中でも、お母さんが姉妹全員に、スケートを教えたそうなので、4人がオリンピックの道を歩むなんて、当のお母さんも予想しなかったでしょう。

母は偉大とはまさに言葉通りですね。
 
 

あの立教大から応援が!

なんと、菊池悠希選手の母校の立教大が大手を上げて応援してくれています。
   ↓

 
 
大学のイメージアップを狙っているのでしょうけど、誰かれ構わず応援するわけではないでしょう。

菊池悠希選手が由緒正しいの学園生活を送っていたからこそ、応援してくれるのでしょうから、純粋にうれしいですよね。
 
 

菊池悠希選手は実はオタク?

オタクはオタクでも健康オタクです。

海外遠征やオリンピックに行く際は、マイ炊飯器を持参するほどで、持参した炊飯器で自炊するそうです。

しかも、米は玄米を使い、小分けして持ち運ぶ徹底ぶりです。
   ↓

更に飲み物に関しても、保存料や着色料などを気にしなくてすむように水を飲むようにしているそうです。
 
 
と、食事に関しては厳格なイメージを感じさせる菊池悠希選手だが、

と言うように、メリハリをきちんとつけているようです。
 
 
さすがアスリート選手、身体の面をきちんと管理しているのですね。
 
 
そんな菊池悠希選手、平昌五輪が初めてとのことなので、是非とも金メダルを狙ってほしいですね。

今後の活躍ぶりを期待しています。

 


 
 
 以上です。
 
最後までお読み頂きありがとうございます。
 


Sponsored Link



 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする