ホームレスの神山淳 逮捕理由は畠山幸男さんをハンマーで殴打!神山淳の供述が信憑性が低すぎる~!

事件は東京都葛飾区四つ木の荒川の河川敷で、起こりました。

神山淳容疑者は、亡くなった畠山幸男さんとは、ホームレス仲間であり、飲み仲間と報道されています。

それがなぜハンマーを振り回すまでになったのか?
その点を紐解いていこう。
 
 

 
 

神山淳容疑はどんな人か?

 
 

 
 
神山淳容疑者はホームレスなので、住所不定、無職。
年齢は報道によると42歳となっています。

家族構成などはは一切不明ですし、顔画像は掲載されていませんでしたが、まだまだやり直せそうな年齢なので、ホームレスになったのは、深い理由がありそうですね。

その辺の事情も別のニュースサイトやメディア、独自情報網を使って調べてみます。

詳細分かり次第更新していきますね。

ちなみに、東京都葛飾区四つ木の荒川の河川敷はこのあたりです。
    ↓

荒川自体がかなり大きな川のようですね。
すぐ近くに警察署もあるので、治安が悪い地域では無さそうです。
 
 

畠山幸男さんとのトラブル理由は?事件の発端は?

 
 
報道によると、ふたりとも同じホームレス仲間で、仲が悪いようではなさそうですし、お酒を共に飲むくらいなので、逆に仲が良かったのかもしれません。

そんな二人が口論になり、神山淳容疑者がハンマーを持ち出すくらいなので、カチンと来るようなことを畠山幸男さんが言ったのかもしれません。

若しくは、触れて欲しくない部分の話を触れられたか。。。
 
 
畠山幸男さんが61歳と神山淳容疑者の二回りほど歳が上なので、先輩風を吹かして、余計なことを言ってしまったのかもしれませんね。

お酒を飲んでいてのトラブルなので、畠山幸男さんが普段は言わなかったことをつい言ってしまった。

触れて欲しくなかったことを、言われたがために、カチンと来た神山淳容疑者がハンマーを手にとってしまった。

そういう経緯だったかもしれません。
 
 
全て推測の範囲なので、なんとも言えませんが、動機がわかったら、また報道されることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする