梶原龍弥 顔画像あり!1200万円受け取るちょいズルい驚くべき手口!

また、凄い内容のニュースがはいってきましたね。

まさか詐欺をするためだけにここまでやるとは、、正直私も驚きです。でも、今までこういった発想なかったので、ある意味新鮮と言えますが、結局は犯罪なので。笑

そんな独自の視点の持ち主の梶原龍弥容疑者がどんな人物なのか?と、合わせてSNSを、利用しているかどうかその辺を踏まえて確認していきたいと思います

梶原龍弥はどんな人物か?顔画像あり!

梶原龍弥容疑者の顔画像については、ニュースメディアで報道されていたので、そのまま掲載させていただこうと思います。
   ↓

引用元:テレビ朝日
 
 

会社名は「ファーストバイク合同会社」で、住所は東京都新宿区上落合2丁目10番17号と公開されていますが、梶原龍弥容疑者の住んでいる所、家族構成、その他の情報などは明かされておらず、不明とされています。

また、Facebookやtwitterでも本人の情報、会社の情報調べてみましたが、それらしき情報も無く、特定できませんでした。
 
  
引き続きニュースサイト、メディア、新聞などを調べ、詳細情報分かり次第更新していきます。
 
 

ファーストバイク合同会社について

 
 
ネットで調べてみたところ、「ファーストバイク合同会社」は東京の新宿区にあるようですが、HPらしきサイトに代表者名(梶原龍弥容疑者)の名前が掲載されていませんでした。
 
 
本人の個人的な情報は、一般人だから掲載していないのは分からないでもないですが、会社はバイク便という特性上、集客面を考えたら掲載し、イメージを持ってもらったほうが何かと有利なので、掲載しない理由はありませえん。

ネットに画像が載るのが嫌なら、せめて代表者名くらいは掲載スべきです。

記載しないのは、記載漏れか、作為的か、このどちらかくらいしかないので。

ただ、記載漏れなんて、会社勤めの新人がついうっかりしてしまうのならともかく、会社を興すような人がそんな凡ミスをするとも思えないので、作為的だと思うのが妥当でしょう。
 
 
そう考えると、HPはあくまで形として作っただけであり、実際の活動は別にあると考えることが出来ます。

その、別というのは、バイク便を事業として行うのではなく、詐欺に使う予定であると考えたら、全てが辻褄が合うわけです。
 
  
とすると、梶原龍弥容疑者が容疑を否認しているのは、非常におかしな話ですよね。

 
 
梶原龍弥容疑者が知らない所で、だれかが統括していたのならともかく梶原龍弥容疑者以外の従業員は、受け子のライダーが5人ほどいるくらいの小規模な会社なので、梶原龍弥容疑者が全容を把握していないと事業として機能しないわけです。
 
 
そうでないと、受け子のライダーたちに指示していたのは、だれなの?となってしまいますからね。

もし、覚えがないのなら、受け子のライダーに誰の指示で動いていたか聞けばすぐに判明するでしょう。

引き続きの報道を待つとしましょう。
 
 
本来の意向ではなく、会社設立をこういう使い方をするのは、ちょっとズルいですが、
この点は違反でもないので、梶原龍弥容疑者は、ある意味素晴らしい着眼点の持ち主ともいえますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする