川崎市の岩村学の顔画像を特定!?30億円分のドラッグを押収。。。過去最大量!ドラッグとか、こういうの一向に減りませんね。。

インターネット上でドラッグ販売サイトを運営している岩村学(50)容疑者が逮捕されましたね。
店舗を構えていた場合は、現場に踏み込まれたら、言い逃れできませんが、
ネットだと、足が出にくいように思います。

実際はどうなのか?その辺をちょっと掘り下げていこうと思います。

 
 

岩村学の顔画像やFacebook、Twitterアカウントは?原因はなに?

 
 
東京都の川崎市の一軒家で危険ドラッグを所持していたとして、
厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部が、岩村学容疑者を含む男女6人を薬物所持の疑いで逮捕した。

この一軒家を家宅捜索した所、危険ドラッグの原材料や混ぜ合わせるハーブ、混ぜる機械など
約30億円にも登る。

まさに国内最大級だ!
 
 
密売グループは仮想通貨の「ビットコイン」を使って全国5000人以上の顧客に売り、
毎月2000万円から3000万円の売上をあげていたもよう。
 
 
金額が大きいので圧倒されてしまいそうだが、
それ以前に全国で5000人以上もの顧客がいたことの方が驚きだ!

顧客なので、当然取引履歴があるだろうし個人情報を取得することで、
5000人が一斉検挙するとか、可能性としてありえるのかもしれない。

さすがに、全員をしょっぴくのは難しいだろうし、顧客もみすみす捕まるくらいなら、
海外などどこかに身をひそめたりする可能性もあるだろう。
 
 
というか、そもそも、取引しただけだったら、
しょっぴくことはできないかもしれません。

その辺はちょっとわかりませんが、今後の動向も見ていこうと思う。
 
 
岩村学容疑者の画像を調べてみた所、
同姓同名で、日本のDJ、音楽プロデューサー、トラックメーカーの岩村学氏がいたので、
絞りきれませんでした!

Facebook、twitterもやっていないのか、アカウントがみつかりませんでした。
 
 

ドラッグを使う人の末路

 
 
ドラッグは本当に危険だが、まだまだ危険を充分に認識していない人が多いように思える。

頭がハイになったり、気分が良くなるといった理由で使う人がいるのかもしれないが、
中毒性があるので、一過性でおわらず、一度使ったら病みつきになってしまう。

ドラッグに依存し、使い続けることで、
体がどんどん蝕まれていき、やがては廃人になってしまうとされている。

途中で辞めるのはよほど意思が強くないと難しいようなので、、
それなら、最初からやらないほうが良いとされる。
 
 
仕事や家庭環境によるストレスや、孤独感といった寂しさから逃れるために、
ドラッグに走る人も決して少なくないかもしれないが、
走るのはドラッグではなく、競技場のトラックだけに留めておくべきだと思う。笑