岩渕麗楽 平昌五輪頑張れ!猫魔で鬼塚雅選手とヒミツ特訓したのか?

Xゲームで大活躍をした岩渕麗楽(れいら)選手のビッグエアが非常に楽しみですね。もし金メダルを取ったら、浅田真央選手の最年少記録を更新するそうです。どうなることか楽しみですね。岩渕麗楽といえば練習は猫魔スキー場を使っていたそうですが、あの鬼塚雅選手も猫魔を使っているので、二人で特訓とかしていたかもしれませんね。その点もちょっと調べてみましょう!
 
 



Sponsored Link



 
 

岩渕麗楽のプロフィール


 
 
名前:岩渕麗楽(いわぶち・れいら)
生年月日:2001年12月14日
高校:一関学院高校1年生
身長:149センチ
体重:44キロ
所属:キララクエストクラブ
家族:両親と妹(璃音・りおん 14歳?)
 
 
両親が元々やっていた影響を受け、4歳からスノーボードを始めたのがきっかけで、最初は年に数回滑る程度だったのが、小学校に上がる頃には一人で滑れるようになったそうです。
 
 
小柄&バツグンの運動神経で、見る人の注目を浴びていたことは間違いないでしょう。
 
 
だって、小学校になるかどうかくらいの小さい子が一人でスノボを滑っているのですよ!

目立たないほうがおかしいでしょう。
 
 

そんななか、小学校2年生のときには、スノボ仲間から「競技にでてみる?」と誘われたことから、転機が訪れます。

競技は散々な結果でしたが、元来負けず嫌いで、そこから猛練習!

中学校1年生には全日本選手権に出場し、いきなり優勝し、プロ資格を獲得したそうです。
 
 
文字だけだとちょっとわかりにくいですよね。
   
こちらどうぞ
  ↓

引用元:岩手朝日テレビ
 
 
迫力ありますね!

筆者はスノーボードはやったことないですが、滑れたら楽しいんでしょうね~。
 
 

その後、17年全日本選手権スロープスタイル優勝し、ビッグエアは3位を記録。

17年W杯ビッグエア・コッパーマウンテン(米国)大会ではなんと優勝しちゃったそうです。
 
 
そんな岩渕麗楽選手ですが、実はスノボだけでなく、体操もやっているそうです。

中学校2年生のときは、体操の大会にも出場しています。

残念ながら、その時の画像はないですが、スノボだけでなく、体操もしているなんて、多彩ですね。

スノボ=冬だけ。
 
 
だから、別の時期は何か他のことをして、身体を鍛えておこうと考えたのかもしれません。
 
 
体操培った柔軟なボディバランスは、スノボには多いに役立っているのでしょう。
 
 
でも、これ、全て計算ずくなのでしょうか?

専門で指導してくれている人の一人や二人いてもおかしくないので、きっとその人からのアドバイスだったのかもしれませんね。
  
  
そういえば、スケートの高木美帆選手もダンスとサッカーをしていたそうです。
 

なんでもサッカーは中学生ナショナルトレセン女子U-15合宿に召集されるほどの腕前で、同期に高木ひかり選手や、大矢歩選手がいたそうなので、かなりの腕前だったことがわかります。

サッカーを本格的に続けていたら、なでしこJAPANに間違いなくえらばれていたことでしょうね。
 
 


 



Sponsored Link



 

練習場所の猫魔スキー場について

場所はこのあたりです。

拡大したら、周りに目印何もないので、わかりやすく縮小しています。
 
 
 
 

あの鬼塚雅選手もここで練習をしていたということなので、ひょっとしたら、何か合同ヒミツ特訓でもしていたのかも!と思いましたが、そういった記事はなかったので、たまたま同じ練習場を選んでいただけなのかもしれません。

練習中にばったり会ったりしないものかな?と思いましたが、
岩渕麗楽選手は週末だけ練習し、あとは、学業だったので、そうそう一緒になることもなかったのかもしれませんね。
 
 
週末だけって練習少なくないような。。。

と思ったかもしれませんが、実はここが岩渕麗楽選手のヒミツでもあります。

岩渕麗楽選手曰く

と言っています。

なので、何度も繰り返して練習するタイプではなく、本番に強いタイプなのでしょうね。
 
 
そんな岩渕麗楽選手の練習シーンです。
(バックミュージックがカッコイイ)
   ↓


 
 

平昌五輪出場決定した時のご両親の反応は?

出場が決まった当初、岩渕麗楽選手はとても嬉しかったそうですが、何故か両親は冷たい対応だったそうです。
 
 
当の岩渕麗楽選手にしてみたら、一緒に喜んでくれないことで、寂しく感じたかもしれませんが、その理由は後に判明します。
 
 
その理由は、
 
「褒めたら調子に乗るから」ですって!
  
 
厳しいなーと思ったのですが、五輪出場したくらいで浮かれるな!ということの裏返しですね。

でも、これは、捉え方を変えたら、両親は五輪出場は見越していたとも捉えてます。

つまり五輪出場は通過点だから、出来て当たり前、その先を目指せと言うことなわけです。
 
 
一見厳しいですが、それだけ期待をしてくれているということなので、是非ともその期待に答えていきたいですね!
 
 

バックサイドダブルコーク1080について

 

プロ最高峰大会Xゲームのビッグエアで見事決めた、バックサイドダブルコーク1080ですが、これは世界で数人しか出来ないとまで言われている超難関の大ワザです。
   ↓

簡単に飛んでそうですが、傍から見ている以上にめちゃくちゃ難しいでしょうね。これが有る限り岩渕麗楽選手の勝利は揺るぎないでしょう。
ただ、難易度が高そうなので、怪我だけは気をつけてほしいですね。

マル秘ジャーナルニュース
今注目されている事件、ニュースのまとめ話や報道されていない裏話をシェアします。

 
 

岩渕麗楽選手の学校生活は?

中1でプロになり、今季はW杯優勝そして平昌五輪出場。すごい経歴を持つ岩渕だが、学校ではそんなそぶりはまったく見せない、16歳の普通の女子高生です。

遠征先からテスト範囲を尋ねたり、合宿時期の関係で他の生徒より早く夏休みの課題を渡したら、夏休み前に全部終わらせてきたこともあった。テストはいつも学年で10位以内。文武両道を地でいく彼女に、江原教諭は「スポーツだけじゃなく勉強も頑張っている人が、上で活躍する選手になるんだよと話している。みんなのお手本です」と話されています。
 
 

まさに文武両道スーパーガールですね。

岩渕麗楽選手の投稿まとめ

壮大なジャンプシーン


 
以上です。
 
 
岩渕麗楽選手のご活躍楽しみにしています。

  
 

 
平昌五輪のスロープスタイルで金メダルを取った欧米美女
   ↓

 
 
 
以上です。
 
最後までお読み頂きありがとうございます。
 


Sponsored Link



 
 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする