細井芳春 松本徹 西澤和男 顔画像は?3000万円詐取相手はなんと労働基準監督署だった!その手口とは?

3人組がウソで塗り固められた申請をして3000万円以上不正受給したこの事件ですが、手口は至ってシンプルですが、さすがに何度も通用しないですよね~。

今回の事件を違う角度で掘り下げてみようと思います。
 
 

 
 

細井芳春、松本徹、西澤和男各容疑者の顔画像とプロフィール

 
 
以下、報道内容です。
 
 
細井芳春容疑者(38歳)
埼玉県さいたま市岩槻区の無職

松本徹容疑者(32歳)
大阪府四條畷市の無職

西澤和男容疑者(48歳)
埼玉県三郷市の自営業

となっています。

居住地域がバラバラなので、たまたまなのか、作為的なのか、それはわかりませんが、何度も受給していることからおそらく意図的に地域を分けている可能性が考えられます。
 
 
顔画像はネットで調べてみましたが、一般人だからなのか、公開されていないようで、特定することができませんでした。

新たな報道情報を待ちつつ、別のニュースサイトやメディア、新聞を追いかけ、特定することが出来れば、アップしていきます。
 
 

不正受給は絶対バレる?

 
 
結論から言えばバレます。

過去に受給したからと言ってバレていないわけではないですし、記録を遡って調べることで、すぐに足取りもつかめるので、バレてないからまたやっちゃえ!的な発想はオススメしません。

というか、犯罪なので、絶対ダメです!笑

いまの時勢コンピューターで管理していますし、マイナンバーで紐づけされています。

まだまだ完全に整備されていないようですが、それも時間の問題でしょう。
 
 
生活に困ったのなら、正々堂々と次自体に相談すれば良いわけなので、犯罪に走るのは良くないですね。

ましてや、昨年受給しておきながら、今年も受給しており、更に 他人名義の通帳やキャッシュカードを用意しているあたり、用意周到さを感じるので、昨年の受給に対して味をシメたとしか考えられないわけです。
 
 
それに、受給したお金は我々国民の税金です。

我々が一生懸命働いて、納めた税金がロクに働きもしないで、悪知恵だけを働かせた人が受給しているとなると、やるせない気持ちにもなるわけです。
 
 
その辺をしっかり理解した上で、充分に反省してほしいところですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする