星野仙一 病気で激ヤセ?突然すぎる死は本人も覚悟していたのか?

あの中日ドラゴンズの全盛期を支えていた一人といっても過言ではない、星野仙一選手が、お亡くなりになりました。

突然の訃報で困惑しがちですが、死因は何か明かされていません。

ウワサによると、ガンで闘病中だったそうで、その影響があるのかもしれません。

そんな星野仙一さんについて、調べてみることにしました。
 
 



Sponsored Link


星野仙一さんは病気で激ヤセなのか?

星野仙一さんをあまり知らない人もいるかもしれませんので、簡単なプロフィールを掲載しておきます。

星野 仙一:ほしの せんいち
生年月日:1947年1月22日
出身:岡山県児島郡福田町
身長:180センチ
体重:80キロ
 
 
選手時代のポジションは投手で、2015年より株式会社楽天野球団取締役副会長に着任。2011年から2014年まで東北楽天ゴールデンイーグルス監督を務めた。

高校時代は、数回した甲子園に出場していなかったものの、野球部部長に口説かれ、岡山県立倉敷商業高等学校に進学。

その後どんどん力をつけていくが、甲子園出場は叶わなかった。
(同世代には、後の横浜大洋ホエールズに入る岡山東商の平松政次がいた)

その後、明治大学に進学し、1年生から1軍メンバーとして活躍し、ノーヒットノーランを記録したこともあった。

ただ、同世代に
田淵幸一・山本浩司・富田勝・谷沢健一・荒川尭らがいて、リーグ優勝は一度も叶わなかった。
 
 
1968年のプロ野球ドラフト会議で中日ドラゴンズから1位指名を受け入団。

中日ドラゴンズで大活躍して、やがて、引退して監督に就任する。
と同時に野球解説者としてメディアに登場することもしばしば。
 
 

2017年11月から12月に行われた、星野さんの野球殿堂入りを祝うパーティーに出席したものの、年末年始のハワイでの家族旅行は体調不良のため、参加を取りやめたそうです。
 
そんな中、1月4日に息を引き取ったということなので、本当に突然過ぎですね。
 
聞く所によると持病があったということですが、なにぶん高齢なので、そういった持病の一つは二つあってもおかしくはありません。
 
 
筆者は星野仙一さんに比べるとまだまだ若いですが、それでも、持病に近い病を持っているし、この病とどうやってうまく付き合っていくか?

という点にフォーカスし、うまいことできる方法を取り入れています。
そう考えると星野さんも、何か病を持っていたのかしれませんね。

ネットで調べてみたら、ガンで闘病中だった時期もあったと記載されているサイトがあったので、ひょっとしたら、ガンが治っていなかったといった可能性がも考えられるかもしれません。
 

Sponsored Link



 

星野さんの死因が不明な理由は?

結局のところ、星野さんが亡くなった理由は未だ明かされておりません。

高齢や、その他の理由による心不全の可能性も考えられますし、
過去に闘病していた時の膵臓ガンが治っていなかったという説や、糖尿病を患っていたことから、病気が併発した可能性もありえます。
 
 
あとは、激やせしていた点も気になりますが、さすがにここまでになると、星野さん自身にもなんらかの兆候がでていてもおかしくないでしょうから、ひょっとしたら、死期がそう遠くないことを感じ取ってインたのかもしれませんし、そのまま受け入れるつもりだったのかもしれませんね。

現時点で、死因は不明ですが、続報が入り次第改めて更新していく予定なので、気になる人はこのブログをブックマークしておいてくれたらと思います。

ご冥福をお祈りします。
 
 
 
次に読まれる星野さんの関連記事人気はこちら
   ↓
星野仙一 娘は永井病院勤務?父から娘千華と和華に託したヒミツとは?
  
  
星野仙一は韓国人なのか?その理由と結果について徹底検証!!

以上です。
 
最後までお読み頂きありがとうございます。
 


Sponsored Link



 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする