萩原徹 塚田真悟 顔画像は?住宅に侵入し、女性を縛って暴行し現金奪う!

群馬県前橋市で金品を奪う強盗事件が起きました。

捜査を続けた結果2日後、二人組の犯人萩原徹 塚田真悟両容疑者を逮捕しました。

この萩原徹 塚田真悟両容疑者は、どんな人物なのか?顔画像はあるのか?
今回はこの点を掘り下げて調べてみました。
 

 
 

萩原徹 塚田真悟両容疑者はどんな人物か?顔画像は?

調べによると、

萩原徹は、高崎市棟高町在住で、無職45歳
塚田真悟は、高崎市江木町在住で、准看護師39歳

と発表されています。
 
 
高崎市棟高町はこの辺りです。
   ↓

 
 

また、萩原徹 塚田真悟両容疑者の顔画像があるかネットで調べてみた頃、特定できませんでした。
 
 
ちなみに、FacebookやtwitterなどSNS関係も調べてみましたが、
本人と特定するに至りませんでした。
 
 
引き続き他ニュースサイト、ネット、新聞、メディアなど、調べていきますので、また何かわかりましたら、更新していきます。
 
 

侵入、逃走経路、犯行手口は?

侵入経路は宅配業者を装って民家に侵入したとのことなので、
元々宅配便がよく来る家だったのか、若しくは、宅配便と名乗ったからと容易に玄関の鍵を解錠してしまったのかもしれません。
 
 
防犯の心得えとして当たり前のことですが、宅配便と名乗って侵入する強盗は良くあるパターンなので、玄関にのぞき窓があったら、本当に宅配便なのか必ず確認する。

もし、はっきりわからないときは、チェーン錠だけ掛けて様子を見たり、配送元を確認して読み上げてもらうといった自衛策は必要です。
  
 
中には、(そんなん面倒!)と思う人もいるかもしれませんが、多少面倒でも、取り組むか否かで犯罪防止にもなります。
 
 

特に記載されていませんが、今回のケースは、宅配便が来たと判明下地点で、おそらく気軽に開けてしまったのではないか?と思われます。

大した怪我もなく、良かったですが、さぞかし、怖い思いをしたのではないかと思います。

犯人が逮捕されたことで、盗まれたものが戻ってくるでしょうけど、もし、犯人が見つからなかったら、盗まれたもの、お金は戻ってこない可能性があるわけなので、いわば泣き寝入りになってしまう可能性だってあるわけです。
 
 
そう考えると、日頃から犯罪防止を意識する行動をとることで、抑止効果につながるので、多少面倒でもやっておくことをオススメします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする