古川秀行 顔画像は?車道ど真ん中起こった、前方不注意による惨劇!

本日早朝、東海地域で交通事故がありました。横断歩道も無い車道を70代の女性が横切っているところをはねてしまったようです。明らかな前方不注意に思えますが、実際はどうだったのか?また、古川秀行容疑者はどういう人物なのか?顔画像はあるか?調べてみましょう。




Sponsored Link



 
 

古川秀行容疑者はどういう人物か?顔画像はあるか?

調べによると、古川秀行容疑者は53歳の会社員と報道されていますが、どこの会社に勤務しているのか、居住地域はどこで、家族構成はどこか?といったことは一切報道されていません。

単に情報がまだ間に合っていないのかもしれませんが、さほど大きくない事件なので、詳細を調べたり、公開することに手を回さずに、このまま進めていくのかもしれません。
 
 
こちらとしては、報道されないことには記事の更新ができませんので、別のニュースサイト、メディア、新聞などを併せて調べていき、新たな情報が分かり次第更新していこうと思います。

念のため、SNSのFacebookやtwitterを調べてみましたが、本人と特定できるアカウントにたどり着けませんでした。

アカウントを削除してしまったのか、元々やっていなかったのかもしれません。
 
 
もし、アカウントがあれば、過去にアップした記事をたどり、投稿内容を調べることで、どういう性格なのかがある程度想定できたのですが、アカウントが無いのでしたら、調べようがありません。

一応、他のSNSも調べ、追加情報あったら、更新していきます。
 
 


Sponsored Link


事件が起こった原因は?

今回の事件は横断歩道もない道路で、かつ朝5時半とまだ薄いため、古川秀行容疑者にしてみたら、いきなり被害者が車道に現れてくる事自体が想定外だったと思われる。
 
 
ただ、薄暗いとはいえ、きちんと前を向いていたら、横から来る被害者に気づけたのではないか?

この点に疑問が残る。
 
 
気づけなかったということは、きちんと前全体を見ていなかったか、若しくは、急な飛び出しに反応できないほどスピードを出していたのかもしれません。

あと、ライトを点灯していたか、否かも一つのポイントである。

仮にライトを点けていたなら、みすみす車に突っ込む命知らずな人はいないだろうから、ライトは消灯していたと想定される。
 
 
つまり、

運転中に、前全体を見ていなかった可能性
急な飛び出しに対応できないほどスピードを出していた可能性
薄暗い時間帯なのに、ライトを点けていなかった可能性

一番最後は、点けていなかった可能性がほぼ確定であり、あと2つはに関しては今後の警察の取り調べでわかってくることと思われる。
 
 
事故を起こした後、逃亡しなかっただけまだマシだが、まだまだ、余罪が出てきそうな気がするのは気のせいなのだろうか?

どちらにしろ、事故を起こしてしまったは事実なので、しっかり罪を償ってもらいたいと思う。

 
 
以上です。
 
最後までお読み頂きありがとうございます。
 


Sponsored Link



 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする