藤沢皖さんはパーキンソン病!ニチイホーム鷺ノ宮で皆川久容疑者が逮捕!

東京中野区にある老人ホームで一人の老人に腹をたて、浴槽で溺れさせてしまった事件ですが、
その老人が実はパーキンソン病だった!

パーキンソン病と言っても聞き慣れない人もいるかもしれないので、
この記事はその点にスポットを当てて掘り下げてみました。
 
 
 

 
 
 
  

藤沢皖さんが患っていたパーキンソン病とは

引用元:http://www.kyowa-kirin.co.jp/parkinsons/index.html

こう見てみると、藤沢皖さんが何度も布団を汚すと言っても、
思うように体が動かないのであれば、本人が意図していない可能性があります。

そもそも、職員が(今回で言えば皆川久容疑者)そういった病気を患っていることを理解した上で、
接するべきだったのではと思います。
 
 
 

ニチイホーム鷺ノ宮で皆川久容疑者が逮捕された経緯

 
 
ニチイホーム鷺ノ宮や、皆川久容疑者が藤沢皖さんが患っていたパーキンソン病について
どこまで把握していたのかは不明ですが、報道で取り上げられている以上
全く知らなかったとは思えません。

担当がいなかったのか、臨時で皆川久容疑者が担当をしたのか、
もしくは、知っている上で、皆川久容疑者が担当に割り振られたのかもしれません。
 
 
まだまだわからないことだらけですが、高齢の方への配慮と病状を把握した上で、
適切な対応をしていってもらいたいと切に願います。

 
 
この記事の後によく読まれる記事:ニチイホーム鷺ノ宮にて、藤沢皖さんが。。。皆川久の性格がヤバすぎる!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする