出川哲朗 実家の場所は?まさかの2ショットに女性客が失神!

毎日のようにテレビに出ていて大忙しの出川さんですが、ご実家は知る人ぞ知る120年も続く老舗の海苔問屋で、アルバイトさんを何人も雇って運営するくらい繁盛しているそうです。出川さんも時々応援に駆けつけることもあるとのことなので、
今回は、そんな出川さんのご実家の卸問屋にスポットを充ててみたいと思います。
 
  



Sponsored Link


出川哲朗の実家の場所はどこ?

出川さんのご実家の情報です。
   ↓
—————————————————————

社名 株式会社 蔦金商店
本社所在地 〒221-0052 横浜市神奈川区栄町89
TEL:045-461-0361(代)
FAX:045-453-1730
創立 明治27年1月
会社設立 昭和24年1月10日
資本金 4800万円
代表者 代表取締役 出川雄一郎
役員 取締役 出川哲朗
取締役 出川修治
従業員数 20名 ( 男子11名、女子9名 )
取引銀行 みずほ銀行横浜駅東口支店、横浜銀行中央市場支店
 
 
事業内容

弊社は寿司海苔、焼き海苔、削り節、お茶、各種引き出物等の専門卸売り、及び小売販売を主として横浜市内を中心に、県内並びに近県一円の飲食店、ホテル、結婚式場に納入いたしております。
海苔 (寿司海苔、焼き海苔、ご贈答海苔、その他海苔加工品)
鰹節(花かつお、花パック、その他各種削り節)
お茶(煎茶、粉茶、ほうじ茶、玄米茶その他)
記念品(カタログギフト、その他引き出物、慶弔各種ご贈答品)
 
 
主な得意先

横浜ロイヤルパークホテル、横浜ベイシェラトンホテル
新横浜プリンスホテル、新横浜国際ホテル、メルパルクYOKOHAMA
ホテル横浜ガーデン、グランドホテル湘南、その他
横浜市内を中心に神奈川県内、都内の飲食店・ホテル等約700店
 
 
営業所

横浜中央卸売市場営業所   横浜市神奈川区山内1-1
TEL:045-441-7306
横浜南部卸売市場営業所   横浜市金沢区鳥浜1-1
TEL:045-779-2363

—————————————————————

引用元:http://www.tsutakin.com/old-tsutakin/company.html
 
 

資本金の額からしてかなり規模の大きい会社だということがわかりますね。

取扱商品も海苔だけでなく、昆布、しいたけ、結婚式の引出物、鰹節なども扱っているそうで、用途や職人さん、食べる人によって、色や厚さ、硬さなどの好みを変え、なかには産地を指定してくる店もあるため、ニーズの応えるために全国各地から海苔を仕入れているそうです。

仕入れた後は、主に寿司屋、そば屋、和食屋、ホテルの厨房などに納めており、小売りもしているとのことです。
 
 
昔に比べて、高級ノリの需要が減り、回転寿司などへ納めることが増えてきたこともそうですが、驚くことに、今一番需要があるのは、ラーメン屋さんだそうです。

焼き海苔の商品画像があったので、掲載しておきます。
   ↓

  

 

 
ちなみに商品に掲載している出川哲朗さんの画像ですが、兄さんは出川さん本人には無許可で掲載したそうです。笑

兄弟だからできることですね!
 
 
それと、取締役に出川さんがいます!

ちなみに代表取締役の出川雄一郎さんというのは、出川さんのお兄さんだそうです。
 
 
取締役のもう一人は、叔父さんだそうです。
 
出川誠一郎さん(お父さん)がいないですが、別に他界したわけではありません。そもそも、雄一郎さんの前任が誠一郎さんなので!
 
 
ただ、事業を拡大しすぎて手が回らないようになって、資金繰りが厳しくなり、多額の借金を抱えたそうです。
 
 
そこで、銀行に融資の相談にいったところ、融資するための条件を出されました。

それは、誠一郎さんが社長からはずすことだったそうです。
 
 
銀行からしたら、誠一郎さんの経営手腕に不安を持っていたのかもしれないため、確実に返してもらえるようにしたかったのでしょうね。
 
 
当時は出川さんはまだ高校生だったので、もどかしかったことと思います。
 
 


Sponsored Link


出川哲朗芸能界への道が開く!

出川さんは高校卒業したあとは、料理人を目指し京都で修行をしていました。

そんな中、修行の合間の余暇に好きな映画を見て過ごすうちに、役者になりたい気持ちが芽生えてきたそうです。

そこでお母さんに相談して、全面的に応援してくれるとのことで、芸能界の道に進むようになりました。
 
 
当然、最初からうまくいくはずがありません。
 
 
いつの間にか、キャラの問題からか、「抱かれたくない芸能人NO1」という不名誉な称号をもらうことになりました。

それでも、出川さんは、身体を張ってみんなを楽しませたい。

この部分だけはブラさず、リアクション芸人を続けたそうです。
  
  
普通だったらこんな不名誉な称号もらったら、やる気なくなってしまうでしょうけど、そこでも出川さんは周りに愚痴ったりせず、それでも挫けずやり続けたところは非常に素晴らしいことだと思います。
 
 
何故やり続けれてかというと、”身体を張ってみんなを楽しませたい。ここだけはブラさなかった!”
これですね!周りの人の目を意識して、自分を押しころしてしまうひとが多数いる中、出川さんは、そんなこと微塵も考えず、”どうやったらみんなを楽しませれるか?”

ここに意識がいっていただけですね。。。
 
 
ヤバイですね!見据えているものもが違います。

出川哲郎と言う人物のスケールの大きさを感じました。
  
   
以前は、体を張ったお仕事が中心だった出川さんでしたが、最近では、海外ロケや、旅番組など、年齢や持病を考えてのことなのか、体を張った仕事は少なくなり、

その結果、旅番組でのゆったりとした気取らない出川哲郎の姿や、海外ロケでつたない英語で外国人に積極的に話しかける姿など、昔のリアクション芸人時代とはまるで違う角度でスポットが当たりました。

いまでは、出川さんについての街頭インタビューでは、「性格の良さが滲み出ている」「かわいい」「一生懸命なところがいい」などプラスのイメージばかりです。
 
 
そんな出川さんですが、テレビの収録でめちゃくちゃ忙しいにも関わらず、合間を見てご実家のお店に顔を出しているそうです。

それは、お店の手伝いもありますが、出川さんに逢いたくてお店に海苔を買いに来るお客さんもいるみたいで、出川さんに会ったら、サイン&写メ攻めに会うそうです。笑
 
 
自分を応援してくれる人、一人一人を大切してされているんでしょう。
こういうところからも出川さんの人柄が伝わりますね。

出川さんの人柄がみんなにどんどん伝わっている気がするので、筆者も見ててワクワクします。

今後のご活躍を応援しています。 
 
 
以上です。
 
最後までお読み頂きありがとうございます。
 


Sponsored Link



 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする