生活一覧

ダニの対策で布団は?部屋は?商品は?

どんなに清潔にしている部屋でも必ずダニはいるもので、部屋の手の 届かないところに溜まったホコリから栄養をとっています。   ダニは一回に50~100個の卵を産むので、先ずはダニの栄養源である ホコリをきれいに掃除して、ダニが繁殖できないようにするのが最初の一歩です。  

うなぎをおいしく食べるための選び方は?保存のコツは?注意点は?

土用の丑の日に鰻を食べてスタミナをつけようと、 江戸時代の学者平賀源内が言い出したことにはじまり、 いまではすっかり定着したようですが、 実のところ鰻の旬は晩秋から初冬です。     ただし養殖鰻は季節に関係なく美味しく食べられるので、 昔違い現在ではそれほど旬にこだわる必要はありません。     とはいっても養殖鰻にも育ちの違いがあり味にも大きく関わりますから、 自宅で蒲焼をするのにスーパーなどで 活き鰻を買う場合には美味しい鰻を見分ける目が必要になります。

きゅうりを栽培するときに準備するものは?品種の選び方は?病気や害虫の対策は?

きゅうりの原産地はヒマラヤ南部の高原だそうで、 その栽培の歴史も3000年以上前に遡るらしく、 それだけ栽培も簡単だったのかも知れません。 現代でも家庭菜園などできゅうり栽培をする人が多いのは、 栽培が比較的簡単なことが 初心者にも人気のある理由のひとつのようです。     最近は家庭菜園や自宅でも ちょっとした野菜栽培を楽しむ人が増えたせいか、 ホームセンターなどでもひととおりの道具が揃うようになりました。 野菜栽培は育てる楽しみと、 収穫して食べる楽しみのふたつを兼ねているのと、 家族みんなが参加できるのも人気の理由かも知れません。

父の日の手作りのプレゼントで簡単なものは?おすすめは?サプライズのやり方は?

6月の第3日曜日は父の日ですね!   お子さんと一緒に、手作りのプレゼントをするのはいかがでしょうか?   お子さんがまだ小さくても、お父さんに日頃の感謝を表すのに 父の日のプレゼントはとても良いチャンスです。   そこで、小さなお子さんでも簡単に作れる プレゼントやプレゼントのおすすめ、 お父さんがびっくりしちゃうようなサプライズのやり方もご紹介します!

きゅうりを夏に栽培するコツは?注意点は? 収穫時期は?

夏を代表する野菜のひとつであるきゅうりはビタミンCが豊富で、 その栽培も比較的簡単なので家庭菜園向きとも言えるでしょう。 とは言っても、他の野菜に比べて栽培が難かしくないというだけで、 収穫するまでにはそれなりに手間隙をかけなければなりません。 ただし栽培のポイントさえ抑えれば誰にでも栽培できる野菜なので、 手順を頭に入れてきゅうりの栽培に挑戦してみてください。

雨傘を購入するときのチェックポイントは?おすすめの生地は?お手入れの仕方は?

で梅雨に入ってしまいますね。 この季節になると雨傘が手放せないですよね。 何も見ずに雨傘を購入して失敗した経験はありませんか? 使ってみたらすぐに壊れてしまって買いなおす…。 なんてことはもったいないですよね。 そこで、雨傘を購入するときのチェックポイント、 生地によっての違いや、お手入れの仕方も紹介しちゃいます!

アオリイカの刺身の保存の方法は?解凍の方法は? 注意することは?

春から夏にかけて産卵のために日本の沿岸に北上してくるアオリイカは、 海岸近くの浅瀬までやってくるので堤防からも釣り上げることができて、 釣りが好きな人に人気があります。     身は柔らかく甘みがあり、料亭などで刺身、天ぷら、煮つけにして出される イカのほとんどはアオリイカですから、釣り上げてきたアオリイカをご家庭で 食べるのは贅沢なことかも知れませんね。

タコの簡単な茹で方は?レシピは?保存方法は?

贈り物ってもらって嬉しいんですが、食材を大量にもらったときに いろいろ悩むところがあると思います。 それがタコの場合はレシピが気になるところだと思います。 毎日たこ焼きとかっだたらさすがに飽きますよね笑 しかし、こういう機会に色んなレシピを試すのも良いと思います! それと、保存方法ですよね、タコを保存する場合は簡単な保存方 法がありますので参考にしてください♪

スナップエンドウのレシピでサラダは?簡単なものは?ゆで方でレンジは?

スナップエンドウを初めて食べたとき、感動した人は多いはず! 私もその中の一人なのですが・・。   スナップエンドウはマヨネーズや塩でそのまま食べてもすごく おいしいんですが、サラダや簡単なレシピでもっとおいしく食べられます!   スナップエンドウはレンジでゆでることもできますので、 ぜひ参考にしてみてください。

そら豆の茹で方は?においを減らすには?おすすめのレシピは?

旬のそら豆って本当に美味しいですよね! 他の豆と違って、食べ応えもあり、お子様も満足しますし、 暖かくなってきた今の時期にビールお供にも最高ですね♪ そら豆をもっと美味しく食べられるように、 美味しい茹で方を調べました。 それと、そら豆の独特のくさみが気になる方は多いと思いますので そら豆の独特のにおいを減らす方法や苦手な人におすすめのレシピ を抑えておきましょう。