生活一覧

傘のおしゃれなメンズは?レディースは?店は?

最近はオシャレなデザインの傘が増えたせいか、 ビニール傘だと気後れしてしまう場面もあるのではないでしょうか。     雨が降っているときもそうですが、 降り止んだ後や振りだしそうなときに持ち歩くには、 やはりビニール傘よりもオシャレな傘を持ち歩く方が ファッショナブルに見えるものです。     そこで新たに傘を購入する時の参考に人気のブランドをいくつかご紹介します。

冷風扇を夏に使った時の効果は?お手入れの仕方は?注意点は?

汗ばむ季節になるとエアコンをかけたくなる反面、 エアコンをかけるほどでもないか?という日もあり、 そんなときにエアコンに代るのが冷風扇です。     また、エアコンが苦手な冷え性の人も冷風扇の自然な風ならば 体調を崩すことのありませんし、 電気代の節約にもなるのでおすすめですが、 冷風扇にもそれなりの使い方があるので知っておきましょう。

衣替えの収納でコツは?コートは?臭いは?

衣替えというと制服を思い出しますが、学生の頃と違い社会人になると ある程度は自分の判断で衣替えのタイミングを決めることができます。 なのでついつい衣替えのタイミングを決めかねて、ズルズルと冬服を しまい込むのが遅れてしまいがちですが、きちんと保管しないと次の 衣替えのときまでに大切な衣服をダメにしてしまうこともあります。

カビの掃除で部屋は?壁は?風呂は?

四方を海に囲まれた日本は一年を通して湿度が高く、 カビなどの菌類にとっては楽園のようなところと言えるかも知れませんが、 人間にとっては食べ物が痛んだりカビの出す毒素で 健康を害したりするので大問題です。     家具や衣服にカビがつくと使い物にならなくなりますし、 押入れの中のカビで寝具をダメにしてしまうこともあるので、 経済的にも影響は大です。     洋風の建築は日本家屋のように 風通しが良くないのでよけいにカビが繁殖しやすい環境になり、 頭を痛めている人も多いのではないでしょうか。

ベビーサンダルの選び方のポイントは?おすすめのデザインは?履かせる時の注意点は?

這えば立て、立てば歩めの親心などと言いますが、 歩き出すようなると転んで怪我をしないかとか、 やはり心配はつきないものです。     でも心配ばかりしていてもしょうがないので、 怪我などしないように子供の足に負担の少ない 歩きやすい履物を選んであげることを考えましょう。

アイスノンで赤ちゃんの寝汗対策は大丈夫?注意点は?

暑い夏の夜には寝汗に悩まされちゃいますよね。 それは身体の小さい赤ちゃんも同じなのです!   赤ちゃんは体温が高いので寝汗をかくことが多いです。   赤ちゃんがいる家庭は、冷房をつけると汗が冷えて 風邪をひいてしまわないか心配ですよね?   赤ちゃんの寝汗の一番簡単な対策として、 アイスノンを使ってみるのはいかがでしょうか?   そこで、アイスノンで寝汗対策をするのは大丈夫なのかや、 対策の方法、注意することをご紹介します

ダニの対策で布団は?部屋は?商品は?

どんなに清潔にしている部屋でも必ずダニはいるもので、部屋の手の 届かないところに溜まったホコリから栄養をとっています。   ダニは一回に50~100個の卵を産むので、先ずはダニの栄養源である ホコリをきれいに掃除して、ダニが繁殖できないようにするのが最初の一歩です。  

うなぎをおいしく食べるための選び方は?保存のコツは?注意点は?

土用の丑の日に鰻を食べてスタミナをつけようと、 江戸時代の学者平賀源内が言い出したことにはじまり、 いまではすっかり定着したようですが、 実のところ鰻の旬は晩秋から初冬です。     ただし養殖鰻は季節に関係なく美味しく食べられるので、 昔違い現在ではそれほど旬にこだわる必要はありません。     とはいっても養殖鰻にも育ちの違いがあり味にも大きく関わりますから、 自宅で蒲焼をするのにスーパーなどで 活き鰻を買う場合には美味しい鰻を見分ける目が必要になります。

きゅうりを栽培するときに準備するものは?品種の選び方は?病気や害虫の対策は?

きゅうりの原産地はヒマラヤ南部の高原だそうで、 その栽培の歴史も3000年以上前に遡るらしく、 それだけ栽培も簡単だったのかも知れません。 現代でも家庭菜園などできゅうり栽培をする人が多いのは、 栽培が比較的簡単なことが 初心者にも人気のある理由のひとつのようです。     最近は家庭菜園や自宅でも ちょっとした野菜栽培を楽しむ人が増えたせいか、 ホームセンターなどでもひととおりの道具が揃うようになりました。 野菜栽培は育てる楽しみと、 収穫して食べる楽しみのふたつを兼ねているのと、 家族みんなが参加できるのも人気の理由かも知れません。