祭り・花火・花見一覧

淀川花火2015年日程は?最寄駅は?おすすめの穴場は?

水の都大阪に相応しい淀川花火大会は、 地元の住民による手作りの花火大会で、同じ地区内の企業や団体、 商店などの協賛を得て企画、運営、実行を手がけています。     自分たちで作る花火大会で地元を活性化しようという意気込みもあってか、 淀川花火大会に訪れる見物客も年々増えているようです。

浜降祭2015年日程と開始時間は?見所は?アクセスは?

浜降祭は神奈川県茅ヶ崎市の寒川神社のお祭りで、お神輿が海に入って 「みそぎ」をするのは、相模川に落ちて 行方不明になってしまった寒川神社のご神体が漁師さんの網にかかり、 それを届けてくれたことにちなむそうです。     お神輿が出るのは寒川神社だけに限らず、鶴嶺八幡社など総勢で 34基ものお神輿が海に入る勇壮なお祭りです。

麻布十番祭りの2015年の日程と開催場所は?屋台の種類は?最寄駅とアクセスは?

麻布は江戸時代には大名屋敷が、 現在では各国大使館が軒を連ねる高級住宅地として知られ、 善福寺の門前町が発展した麻布十番商店街が主催する 麻布十番祭りも長い歴史を持っています。     もともと地元商店街のローカルなお祭りだったのが、 最近のセレブブームの影響からか注目されるようになり、 お祭りを訪れる人も増えているようです。

神奈川新聞花火大会2015年日程は?最寄駅は?おすすめ穴場スポットは?

神奈川新聞花火大会の特徴は二部構成にて開催されることで、 第一部は横浜港の夜景をバックに花火を打ち上げ、 関東最大級の直径480メートルにも及ぶ2尺玉が見どころです。       第二部は市民の協賛の花火がクラシックやジャズ、 ポップスなど曲に合わて打ち上げられ、 花火と音楽のコラボが楽しめます。

隅田川花火大会のおすすめの穴場は?会場以外で花火が見れる場所は?周辺で女性が喜ぶランチは?

「両国の川開き」と呼ばれていた花火大会が「隅田川花火大会」と 名を改めて今年で38回目。 いまではすっかり下町の夏の風物詩になりました。     2012年に完成したスカイツリーも花火を引き立て、 暴れん坊将軍徳川吉宗公がはじめたとされる 隅田川花火大会には毎年100万人近くの 見物客が訪れるそうです。

京都祇園祭の2015年の期間と日程は?開催場所への最寄駅は?おすすめの見所は?

平安時代に京の都に疫病が蔓延したとき、 疫病を追い払うのにスサノオノミコト神の力に頼ろうと 始まったのが祇園祭です。   そもそも疫病をはやらせる 怨霊を鎮めるために寺院が始めた 行事でしたが、民衆も参加するようになり 次第に華やかになって現在に到っています。   京の人は祇園祭を楽しむ事で暑さも忘れ きっと夏バテを解消するご利益もあるのでしょう。