美容・健康一覧

脇汗を対策するグッズは?汗取りインナーは?食事の注意点は?

  薄着の季節になると特に女性は異性の視線が気になるものです。 ファッションにも気を使いますが汗かきの人は脇汗も気になり、 人前に出るのをためらうときもありませんか?     またお気に入りの服に脇汗でシミができてだいなしにしてしまったり、 脇汗が気になって緊張してしまい余計に脇汗をかいてしまったり。     毎日お風呂に入り体を清潔に保つのは当然のこととして、その他に 脇汗に悩まされず快適に一日を過ごすにはどんな対策があるでしょうか?

日焼け止めで敏感肌の顔にはどんなものが良い?ノンケミカルのメリットは?デメリットは?

  日焼け止めは紫外線吸収剤を使ったものと紫外線散乱剤を使ったものの 2つに大きく分けられます。     そのうちの紫外線吸収剤を使ったものは成分と紫外線を化学反応させて 熱に変えてしまうことで日焼けを防止しますが、お肌で化学反応が起こる わけですから敏感肌の人には負担が大きいと言えます。     とくに顔などが赤くほてったようになるのは困りものなので、敏感肌の 人に適した日焼け止めの使用方法を知っておきましょう。  

多汗症を改善する市販薬は?薬以外のものは?食事は?

暑がりの人を良く見かけますが、本人が気付かないだけで案外多汗症で 何もせずにいる人も少なくないのかも知れません。 多汗症にも汗腺の異常が原因になるものと精神的な影響によるものとの 2種類がありますが、汗腺の異常は手術や薬品で改善することができます。 とは言っても手術となると怖いのでためらう人もいるでしょうから、薬品による 対処をまず先に考えてみることにしましょう。

しわ改善のために効果的なアイテムは?食べ物は?スキンケアは?

年齢を重ねると人は誰でも顔にしわができ、それが一種の貫禄にも 見られるわけですが、いつまでも若々しくありたい女性にとっては あまりありがたくないものです。 しわの一番の原因はお肌の老化によるものなので、正しいスキンケア によってしわが増えるのをおさえることは可能です。 女性に限らず最近では男性もスキンケアに気を配るようになり、誰もが しわのことで悩んでいるのではないでしょうか?

糖質制限ダイエット絶対失敗する?デメリットは?注意点は?

もともと糖尿病患者の治療法のひとつであった糖質制限は、 食事の量よりも摂取する糖質を重視することから 手軽なダイエット法として知られています。     ですが糖質は脳の活動に必要なエネルギー源でもあり、 無闇に制限するのは日常生活や健康を維持する上で 支障をきたす危険性も持ちあわせています。     糖質制限ダイエットが 糖尿病の治療法から発展したという経緯からしても、 それ相応の知識を持って取り組む必要があるでしょう。

糖質制限ダイエット低血糖の心配ない?空腹感は?取り組み方は?

厚生労働省では肥満を メタボリックシンドロームの兆候として注意喚起しています。     メタボリックシンドローム、 通称メタボはおなかの内臓のまわりに脂肪がつき、 動脈硬化などを引き起こす生活習慣病のひとつとされています。     近年では行政の指導などにより 民間企業でも社員の健康管理に気を配り、 男性社員のメタボに関する関心が高まりつつあるようです。     また自分自身の成人病の予防のためにも肥満(メタボ)は 望ましいと言えず、どういった肥満解消法があるのかを 知っておく必要はあります。

糖質制限ダイエット痩せる仕組みとは?

<私が実践してきたやり方ですが、 個人差がありますので、自己責任でお願いします>       糖質制限ダイエットで痩せる仕組みですが   本来、糖質(炭水化物)は、体内で、 脳の活動エネルギー源であるブドウ糖に変化し     血中のブドウ糖の濃度(いわゆる血糖値)が 上昇します。

日焼け止め化粧品の選び方は?使うコツは?バッチテストやり方は?

真夏の日差しの強い日に外出して直射日光を浴びると「痛い」と感じることがありますが、 この感覚の原因のひとつになっているのが太陽光に含まれる紫外線です。 紫外線は日焼けの原因になりお肌の老化を促進するとされていますし、白内障などの眼病の 原因ともみなされています。 また紫外線は夏場だけではなく冬場も受けていますが、夏場の半分程度の線量にとどまります。 だいたい4月頃から紫外線の線量は増え始めるので、そのまえに対策を立てておきましょう。