安藤舞子 名古屋市北区如意(にょい)!虐待に秘められた闇の動機とは?

なんとも痛ましい事件が起きました。ニュースサイトで逮捕されたシーンがありますが、安藤舞子(まいこ)容疑者はかなり憔悴しきっているようですね。育児ノイローゼか?と思いましたが、そうでもなさそうですね。そこで、安藤舞子容疑者の児童虐待による闇の動機について、掘り下げてみました。
 
 



Sponsored Link


安藤舞子が起こした事件現場(名古屋市北区如意)とは

事件現場の名古屋市北区如意という地域は病院や幼稚園があるごく普通の住宅街です。

子育ては思いの外大変と聞きますが、二つほど気になる点があります。
 
 
まず一つ目
お子さんは6歳です。

育児ノイローゼってもっと子供が小さい時になるのではないでしょうか?

なぜ6歳?

そこが不思議に思います。
とすると、犯行動機は育児ノイローゼではないのかもしれません。
 
 
考えられる理由は、疎外感、孤独感、あとは、子供さえいなければ。。。という憎しみ。

と言った感じでしょうか?

安藤舞子容疑者はニュース動画で見たとおり、かなり憔悴しきっているように思えますので、
その理由として考えられるのは、近所付き合いも上手いこといってなかったのかもしれませんねー。

ただ、それだと、お子さんの命を狙う理由がありません。

本来だと、お子さんを保育園に送り迎えする際、近所付き合いが自然と生まれるものですが、
安藤舞子容疑者の場合はそういいうことがなかったのかもしれません。

近所付き合いもなく、夫もあまり相談にのってくれない。
もし、お子さんがいなかったら、もっと自由にいろんなことが出来たのに。。。

そう思ってお子さんに手をかけてしまったのではないでしょうか。
 



Sponsored Link


 

2つ目の気になる点について

2点目ですが、事件があった時、夫は下の階にいたそうですが、
いくら奥さんの様子がおかしかったからってイキナリ警察呼びますかね?
 
 
普通はなぜお子さんの首をしめようとしたか!?
何事か問いただしたりするものでしょう。

そういうこともせず、いきなり警察ざたなんて、あまりにも冷酷すぎませんかね。
 
 

それほど、日頃、安藤舞子容疑者が切羽詰まっていたのか?

また夫から見て明らかにわかるくらいの尋常じゃないレベルだったのか、
一方だけしか事情をみていないので、詳細の程はわかりませんが単に育児に疲れたから、
安藤舞子容疑者が行為に走ってしまっただけではなく、まだまだ知らない闇がありそうな気がします。、
 
 
何はともあれ、お子さんが無事で本当に良かったです。
 
 
以上です。
 
最後までお読み頂きありがとうございます。
 


Sponsored Link



 
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする