味上富夫 顔画像!逮捕された小学校校長先生の逮捕理由が惨めすぎる

8日に逮捕された味上富夫容疑者の簡易裁判所の判決が出ました。

当時、本人は否認していたが、状況証拠が揃っているので、弁解の余地はない。今はどうかはわからないが、最初から認めていたほうが潔かったかもしれない。職場復帰は絶望だろう。


 
 

味上富夫 顔画像はこちら

報道によると、味上富夫容疑者は、

兵庫県兵庫区在住の59歳
神戸市立真陽小学校の校長

とされている。
 
 
兵庫県兵庫区はこの地域である。
   ↓

 
 
兵庫県の中心地域だけあって、広い。
ちなみに勤務先の真陽小学校の長田区は、隣の区である。
 
 

味上富夫容疑者の顔画像はこちら
   ↓

 
 
 
Facebookやtwitterは年齢からして使って無さそうだが、
念のため調べたところ、該当無しだった。
 
 

味上富夫容疑者が逮捕された当時はどうだったか?

逮捕された当初は「覚えがない」とひたすら否認していた。

ただ、9月26日午後20代の女性会社員のスカートの中をデジタルカメラで撮影しており、更に10月8日電車内で不審な動きが目撃されていることから、複数回に及んだ犯行であることが裏付けできるので、否認したこと自体、とぼけているとしか思えないわけである。

発覚したときに、思わず口走ってしまったのかもしれないが、複数回行為をしているわけなので、魔が差したわけでもない。
 
 
つまり、自分の欲に負けてしまったわけである。
 
 
味上富夫容疑者が、結婚しているかは不明だが、もし既婚なら、当然ただではすまないだろうし、ましてや子供がいたら、肩身が狭い思いをさせてしまうことだろう。

やってはいけないことは重々理解しているはずなのに、自分の欲に負けてしまうのは、決して許されることではない。
 
 
しかも、被害にあった女性にも精神的苦痛を与えているわけなので。今回の事件に懲りて多いに反省してもらいたい所である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする