油性ペン落とし方 服についた汚れはどうしたいい?洗濯は逆効果なの?

油性ペンの汚れってなかなか取れないと困っている人結構多いみたいですが、実は、すぐに処置したら、案外カンタンに取れるものなのです。

ここで、(あとでやろう!)と思って、放置していると、なかなかとれなくなってしまいます。

なんでもそうですが、すぐに取り掛かるのが一番良いわけですね!
 
 
今回はそんな油性ペンがついた服の汚れをカンタンにとる方法をお話していきます。
 
 
 



Sponsored Link



 
 

油性ペン落とし方 服についた汚れをカンタンにとる方法

まず、服の素材によって落とし方は変わってきますが、スーツやパーティードレスなど、上質は衣類の場合は、ご自分で処置せず、クリーニングに出してください。
 
 
なぜならば、一般の服と質が違うため、今からお話する方法が通用しない可能性がありますし、下手したら、ひどくなる可能性も考えられます。

あなたが、服をクリーニングする特別なスキルをお持ちならいざしらず、そうでないなら、専門家(クリーニング屋さん)に任せましょう。
 
 
そのほうが安心ですし、仕上がりも綺麗になるからです。
 
 
ひょっとしたら、「クリーニング代がもったいない!」

と思う人もいるかもしれませんが、
思ったように取れなかったり、悪化したら元も子もありません。
 
 
病気でもそうですよね。
 
 
病院に行って、専門家に見てもらうことで、早く治すことができるわけです。

「餅は餅屋」という言葉もあるくらいなので、上質の衣類は、専門家に任せましょう。
 
 
  
 
では、本題に入りますね。

まず、汚れがついてすぐの場合は、あて布を敷いて、汚れた箇所をひっくり返して、エタノール(除光液も可)を吹きかけ、汚れている箇所をコットンなどで、裏から叩いて汚れを落とします。(古い歯ブラシなんかも可!)
 
 
このとき、あて布の下に汚れが映らないように、コンビニの袋などを敷いておいたほうが良いですね。
 
 
 
これだけだとちょっとわかりにくいかもしれないので、
動画も掲載しておきます。
  ↓

ね!カンタンでしょ!
 
 
ただし、服によっては、色落ちすることもあるので、最初に目立たない箇所で色落ちしないかテストしてからやってください。

それと、酷いときはエタノールではなく、灯油を使うと良いですよ。
 
 
汚れが付着して放置したら、その分落ちにくくなるので、なるべく早めに処置することをオススメします。
 
 
 
※ 除光液やエタノールはコンビニや100均のもので全然構いません。
 
 


Sponsored Link



 
 
 

油性ペン落とし方 実は洗濯は逆効果だった?

 

前章の方法をやっても完全に取れなかったとしても、多少は薄くなっているはずですから、塩素系漂白剤を薄めたお湯に漬け置きして、その後洗濯すればほぼほぼ取れます。
 
 
ただし、面倒だからといって前章のやり方をやらずに洗濯機にかけるのはやめましょう。
 
 
逆効果とまでは言いませんが、あまり効果がなく、ほとんど取れません。

前章のやり方で地道に取るか、いっそのこと、クリーニングに出すか。。。

クリーニングに出す場合は、油性ペンの汚れであることと、油性ペンの種類を伝えておいた方が良いかもしれませんね。
 
 
よくわからなかったら、油性ペンも一緒にクリーニング屋さんに持っていって、説明すると良いでしょう。
 
 
 

まとめ

油性ペンが服についてしまったら、すぐに処置するべし!

時間をおくとどんどん取れにくくなります。
 
 
1章の作業が手間に感じる人は、クリーニングに出した方が良いですが、絶対にとれるとは限りません!

専門家といえども、万能ではなく、無理なものは無理です。

その点は理解しておいたほうが良いかもしれませんね。
 
 
繰り返しになりますが、油性ペンが服についてしまったときは、すぐに処置するのが一番です。

必要なものは、エタノールか除光液、そして、あて布とコットン(古い歯ブラシも可)
 
 
以上です。

ちなみに必要なモノは全部コンビニか100均で揃います。
 
 
お子さんのやることなので、今後、こういうことが起きないとは言い切れません。

次回に備えて事前に用意しておいてもいいかもしれませんね。
 
  
 
最後までお読み頂きありがとうございます。



Sponsored Link