脇汗を対策するグッズは?汗取りインナーは?食事の注意点は?

 
薄着の季節になると特に女性は異性の視線が気になるものです。
ファッションにも気を使いますが汗かきの人は脇汗も気になり、
人前に出るのをためらうときもありませんか?
 
 
またお気に入りの服に脇汗でシミができてだいなしにしてしまったり、
脇汗が気になって緊張してしまい余計に脇汗をかいてしまったり。
 
 
毎日お風呂に入り体を清潔に保つのは当然のこととして、その他に
脇汗に悩まされず快適に一日を過ごすにはどんな対策があるでしょうか?
   



Sponsored Link



 
 

脇汗対策グッズは?

 
最近では脇汗の発汗そのものを抑える直塗りタイプの制汗剤が登場して
主流になりつつありますが、その効果には多少個人差もあるようです。

「パースピレックス」という制汗剤は皮膚科やクリニックでも処方され、
わたしが使った感想では制汗・防臭の効果に優れていて、苦しんでいた
脇汗の様々な悩みが一気に解消されました。

薬局で売られている市販の制汗剤の中では直塗りタイプの先駆けともいえる
「デオナチュレ」や「ソフトストーンW」も人気があるようです。

その他には脇汗パッドも一般的な脇汗対策グッズで、服のカラーに合わせた
バリエーションも豊富でノースリーブ用まであります。

脇汗パッドのお世話になっている女性も多いかと思いますが人によっては
カブレてしまう場合もあり、わたしも肌が弱く市販のバンソウコウでも赤く
なるのですが医療用のフィルムを使ったワキサラシートは問題なく使えました。
 


Sponsored Link


脇汗対策汗取りインナーは?

 
服につける脇汗パッドだと服がずれたときにシミを作ってしまいますが、
汗取りインナーであれば服の下に着るだけで汗ジミ、ニオイ、ムレを
ガードすることができます。

制汗スプレーのように一日に何度もケアする必要が無いので楽ですし、
着心地も爽やかで一日を快適に過ごせる高機能なものも増えているようです。

消臭&涼感汗取り三分袖インナー(超大汗さん)にはキャミソールタイプ、
フレンチスリーブ、三分袖など種類が多く、脇汗をガードするのと同時に
キシリトール加工がされているので汗をかくたびに涼感をあたえてくれます。

カタログ販売のニッセンやユニクロの汗取りインナーもおすすめです。
 
 

脇汗対策食事の注意点は?

 
女性ホルモンと発汗には因果関係があり、更年期に発汗が増えるのは
女性ホルモンが減少するためと考えられています。

また女性ホルモンには汗をかいてもサラサラにしてくれる働きもあり、
女性ホルモンと同じ働きをしてくれるイソフラボンを多く含む食べ物として
「大豆イソフラボン」がよく知られています。

納豆、豆腐、お味噌汁などの大豆イソフラボンを含む食べ物を積極的に食べ、
常日頃から発汗対策を心がけましょう。

発汗を抑えるのにはリラックスすることも大切で、それには副交感神経の
働きを優位にするハーブを取り入れるのが効果的です。
ラベンダーやローズ、ジャスミンなどがそれにあたり、ハーブティーを飲んだり、
入浴剤やアロマオイルで香りを楽しむことでリラックスしましょう。

体を冷やしてくれる食べ物であるきゅうりやトマト、ナス、ゴーヤなどを積極的に
食べるようにするのも良いでしょう。

逆に交感神経の働きを活発にするカフェインが含まれるコーヒーやお茶、一部の
栄養ドリンクや刺激の強い食べ物(タイ料理など)は、発汗を抑えたいのであれば
飲食を控えた方が無難と言えます。
 
 

まとめ

 
脇汗は気温と関係なく緊張することでも発汗するので、少しでも発汗を抑える
ように体質を改善することも大切にになり、それには食事療法が有効では
あるのですが何事も度が過ぎるのは望ましくありません。

脇汗対策のほかにもさまざまな食事療法があり、それを実行されている場合も
あるでしょうから、それぞれの食事療法の優先度を比べて取り入れてください。
 
 
以上です。
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。



Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする