斉藤慶子の夫とは?元旦那がもたらす黒歴史と,1日に何度もかかる電話に失神!

超セレブの斉藤慶子さんですが、現在も夫であるショップジャパンの創業者の中村規脩(なかむらただし)さんと豪邸で仲良く暮らしているそうです。ただ、離婚した元旦那は、とんでもない黒歴史があったようですが解決したのでしょうか?それと、外出する度に、今の夫から1日に何度も電話がかかってくるとも話していますが、どういうことなのでしょうか?合わせて検証してみようと思います。
 
 



Sponsored Link



 

斉藤慶子のプロフィール

斉藤慶子さんをあまり知らない人もいるかもしれませんので、簡単に自己紹介しておきます。

本名:同じ
生年月日:1961年7月14日
出生地:宮崎県小林市
血液型:A型
ジャンル:女優
活動期間:1982年
 
 
生粋の努力家で高校1年のときが一番勉強していたといい、学年400人のうち2番になったことがあった。

また、高校時代に進学で九州大学の薬学部を目指し、夜9時に寝て、夜中に起きて朝までの7時間ひたすら勉強するというストイックな生活を送っていたこともあるそうです。
  
  

その後、大学在学中に日本航空のJAL沖縄キャンペーンガールに800人の中から選ばれるも、日本航空350便墜落事故が起きたため、キャンペーン活動を自粛せざるを得なくなったものの、これをきっかけに芸能界入りする。

 
 
 
順風満帆にいっていたわけではなく自ら成功への階段を駆け上がってきた印象ですね。
 
 
しかし、夜の9時に寝て夜中に起きて勉強を一日7時間って、
遊びたい盛りの年頃なので、見たいテレビや友達と遊びに行ったりしたいでしょうに。。。
 
 
人間って環境に左右されやすいので、友達との交流も大切です。

友達がその点を理解してくれていたのかもしれませんが、一歩間違えたらこれが原因でいじめられたりしかねないです。

なので、そう考えたら、理解有る友人に恵まれたのかもしれません。
 
 
ただ、それだけでも流されてしまいがちなので、よほど強い動機づけがあったのか、成し遂げたい信念を持っていたのか。。。
 
 
どちらにしても、一つの目標に向けて頑張り続けるってかっこいいですね~!

宮崎美子2世とも呼ばれていた!?

 
 
斉藤慶子さんは芸能界入り以前にも百貨店のCMに出演していたこともあり、当時の女優の宮崎美子さんが人気を博していた時期なので、宮崎美子2世と呼ばれていたこともあったそうです。

宮崎美子さんと言えば熊本を代表する才色兼備で有名な女優さんなので、斉藤慶子さんがまだまだ無名の時期にそう呼ばれていたということは、相応の実力と容姿を兼ね備えていたということですね。
 
 
なぜならば、普通に考えたら、宮崎美子さんのイメージにも関わるので、まだまだヒヨッコの時期に有名女優2世なんて呼び方しないでしょう。

そう考えたら、素晴らしいことですね!


 
 


Sponsored Link


元旦那について

 
 
元旦那は実業家の元ホスト兼、元不動産経営者の木本裕仁という男性です。

1997年に結婚したそうですが、結婚した当初は約80億円もの負債を抱えていたそうです。

その負債(いわば黒歴史ですが)について、斉藤慶子がどの段階で知ったのかは報道されていないのでわかりません。
 
 
ただ、斉藤慶子さんほどの知的な人なら、事前に把握しているでしょうから、結婚してから知ったとは思えません。

なので、負債を知った上で結婚したということになります。

それだけ愛していたということでしょうね。
 
 
まさに愛が為せるワザです。
 
 
その後、待望の娘さんが生まれるものの、「考え方や価値観の違い」から
2008年に離婚しています。

このときに、お互いの異性問題や金銭などのトラブルは無く、話合った上でもの円満離婚と話しており、例の80億円についてトラブルがあったわけではないようです。
 
 
その後、借金がどうなったのかわかりませんが、二人はたまに会っているようなので、滞りなく返済していっているか、返済しきったか。。。
 
 
どちらかわかりませんが、借金で首がまわらないと、困っているわけではないようです。
 
 
80億円を滞りなく返済できるって、すごい話ですが、元ホスト兼元不動産経営者となると、充分可能なのかもしれませんね。

筆者にしたら、途方もない話です。
 
 

今の夫とはどこで知りあった?

今の夫は、「ショップジャパン」を運営している株式会社オークローンマーケティングの創業者であり、株式会社インターワールドの社長も務め、資産は140億円ともいわれている中村規脩(なかむらただし)という人ですが、1年半ほどの交際を経て再婚しています。

斉藤慶子さんは、前の木元氏と離婚した後は、女手一つで娘を育てるつもりで一人で頑張ってこられました。
 
 
ただ、女手一つで育ててるのは決して不可能ではないですが、やはり一人は寂しいものですし、心の拠り所は必要です。

そんな中、共通の知人を通じて、中村氏と出会います。
  
  

斉藤慶子さんは最初はその気が無く、女で一つでまだまだ頑張るつもりだったそうですが、何度か会ううちに、中村氏の紳士的な振る舞いなどに、だんだん惹かれるようになっていたようです。
 
 

何度もかかる電話とは?

結婚当初の中村氏の愛妻家ぶりは異常なほどで、
斉藤慶子さんが外出しそうものなら、何回も安否確認の電話がかかっていたそうです。
   ↓
 

 
 

これだけ一人の女性を愛しているって中々できることではないですが、斉藤慶子さんにしてみたら、そこまで想ってくれるのは嬉しいことこの上ないでしょうね。

束縛と捉える人もいるかもしれませんが、それは人それぞれですから、お互いの相性にもよるのでしょうね。

いつまでも末永くお幸せに。
 

最後までお読み頂きありがとうございます。


 



Sponsored Link



 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする