熱中症対策!高齢者に受け入れてもらう驚きのマル秘テク

 
本格的に暑い日が続くようにになると、
テレビのニュースなどで熱中症関係の事故を
耳にするたびに子供や、
年老いた親のことが気がかりになるものです。
 
 
子供は親の言うことを聞いてくれるので
何とか対処もできますが、両親にしてみれば自分私達は
いつまでも子供であり、なかなか注意を聞いもらえず
困っている人も多いのではないでしょうか?
 



Sponsored Link


 

熱中症対策!高齢者にありがちな傾向

 
昔の人は体を冷やすことは悪いことだという固定観念に縛られています。
わたしにしても、子供の頃はスポーツの最中に水を飲むとバテるので、
のどが渇いても水は飲むなと大人に教えられ素直に信じていました。
 
 
それが今では全く逆のことが言われて、
マラソンの最中などにも水分を取るのがあたり前になり、
子供の頃に教えられたことは何だったの?と
理不尽な思いを感じることもあります。
 
 
幸いまだ頭が柔らかいうちに状況が変化したのでそれに対応でき、
また、新しい健康法なども抵抗無く受け容れることができましたが、
戦中、戦後の物資が不足していた時代を生き抜いてきた人たちは、
きびしい状況のなかを自分を信じて生き抜いてきた人たちなので、
自分のやり方や価値観に自信を持っている人が多いようです。
 
 
そうした高齢者を無理に説き伏せようとしても、
プライドを傷つけることにもなりかねないので注意が必要です。
 
 
高齢者は当然体力も落ちていますし、
健康面でも何かしらの持病を抱えている人が多いのですが、
そうした人たちを支えているのは
本人の気力による面が大きく、
プライドを傷つけられることで気力を失くし、
一気に体調を崩してしまう人もいるので注意してください。
 

 

Sponsored Link


熱中症発症の3段階

 
熱射病とも呼ばれていた熱中症ですが、
熱射病も広い意味では熱中症と呼ばれる症状のひとつで、
他にも熱痙攣や熱疲労などがあります。
 
 
熱中症は主に発汗による水分不足が引き起こすもので、
体調の変化に気が付いた時点で水分補給をすれば良いのですが、
気付かずに放っておくと症状も重いものになります。
 
 
1度は、熱失神や熱痙攣で、現場での応急処置で対応できる軽症です。
2度は、熱疲労で頭痛を感じたり嘔吐したりして、
病院での治療が必要になります。
3度は、体温が上がりすぎて中枢機能に異常をきたして、
意識障害などの生命に関わる危険状態なので、
入院して集中治療が必要になります。
 
 

どうしたらいいの?

 
上手に高齢者、例えば両親などに熱中症の予防のためにエアコンなどを
使ってもらうように誘導するには、
孫をダシに使うのも有効な手段のひとつです。
 
 
一緒に暮らしているのなら話は早いですし、
別居しているのであれば
エアコンを自発的に使うようになるまで子供を連れておじいちゃん、
おばあちゃんの家に遊びに行くようにして、
孫のためにエアコンを使うように誘導してみてはどうでしょうか?
 
 
他人に意見されるのには抵抗があっても、
可愛い孫のためなら自発的にエアコンを
使うようになる可能性は高いと思います。
そのうち自分でもエアコンが快適であることに納得すれば、
何も言わなくても使うようになってくれると思います。
それまでは、
すくなくとも水分補給にだけは気をつけるように説得してください。
 
 
高齢者は夜トイレに行く回数が増えますが、
そのぶん体の水分も失われているので、
汗をかいていなくても脱水症状を引き起こす危険性があります。
このことは本人も自覚できることなので、
水分の補給に関しては比較的簡単に納得してくれるでしょう。
 
 
また、トイレが近くなることを嫌がり
水分を小まめに補給するのを嫌がるようであれば、
最低でも電解質は補給するように説得し、
スポーツドリンクのような電解質を多く含む飲み物を
用意してあげるようにします。
 
 
ちなみに極薄にうすめためんつゆは味はさておき、
塩分・ミネラル・アミノ酸・水分が一度に取れて良いそうです。
 
 
その他には、部屋の風通しをよくして寝るようにすれば
熱中症になる危険性も低くなりますが、
周囲の環境や部屋の状況にもよるので、
もし何らかの工事が必要であれば、
その工事費とエアコンの費用とを秤にかけてどちらかを
選ぶように誘導するのも良いかもしれません。
 
 

まとめ

 
特に自分の親の場合、
感情的になって強い口調になってしまいがちですが、
くれぐれもプライドを傷つけないように注意し、
大人同士の対等な立場で相手の人格を尊重しつつ、
上手に説得してください。
 
 
以上です。
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。



Sponsored Link