ゴルフ初心者のスイングのコツは?パターのコツは?服装で注意点は?

 
社会人になると上司やお得意様からゴルフに誘われる機会があるかと思います。
ゴルフは社交的な遊戯でもあるので、ビジネス面での効用もあって
仕事の一環としてマスターしておくべきスキルと言えるかも知れません。
 
 
接待ゴルフの際に失敗しないよう、
そしてビジネスを円滑に運ぶためにも
ゴルフの基本は知っておく必要があるでしょう。
 



Sponsored Link


ゴルフ初心者のスイングのコツは?

 
スイングの一連の動きは「テイクバック」、「ダウンスイング」、
「インパクト」、「フォロースルー」に大きく分けられます。
 
 
それぞれのパートに注意ポイントがありますが大きな流れとして、
「腕とクラブの同調」と「正しい体重移動」を抑えることが大切です。
 
 
クラブの中で一番使用頻度の高い7番アイアンを例にすると、
遠くに飛ばすには
クラブの遠心力を正しくボールにぶつけることが重要で、
それには腕とクラブを同調させる必要があります。
 
腕とクラブを同調させるポイントはグリップと両肩でできた腕の三角形を
保つことで、この形がクラブの遠心力をボールにぶつけるための基本です。
 
 
次に重要なのが体重移動で、「テイクバック」の時には後ろ足に体重を
移動させ、「ダウンスイング」に合わせて体重を前足に移動させながら
ボールを「インパクト」し、「フォロースルー」で前足に体重を移動させます。
 
 
このとき頭は動かさずにボールに向き合ったままで、イメージ的には
首から下を雑巾を絞るような感じで
「テイクバック」して、「インパクト」の後に体重が前足に
移動するのに合わせて頭を起こし、ボールの行き先を
目で追うようにします。
 
 
7番アイアン以外も基本は同じなので、まずは7番アイアンでスイングを
身に付けましょう。
 


Sponsored Link


ゴルフ初心者のパターのコツは?

 
パッティングはボールを転がすことなので、肩、腕、
手の使いかたが大切になり、
一般的には肩を振り子のように動かしてボールをほうき
で掃くようなイメージです。
 
 
テイクバックとフォロースルーの大きさを同じにすることを心がけ、
腕と手先の力に頼らず肩の振りに合わせてボールを押し出します。
その際に、パターにマーキングされているスイートスポットの部分で
ボールを捕らえることが基本です。
 
 
パッティングはメンタル面の影響が顕れるので、打ち方が定まって
いないとミスしたときの原因が分からず余計に混乱してしまうので、
打ち方を一定にして自分のプレーの修正の目安にします。
 
 
芝目とグリーンの傾斜を読む練習も必要で、
上級者はプラムボブというテクニックで
ボールとカップの間の傾斜を測りますが、
初心者はまずは目視でグリーンの状態を見極める練習をしてください。
 
 

ゴルフ初心者の服装で注意点は?

 
服装に関しては、襟と袖のあるシャツを着ることとシャツの裾をパンツの
中に入れて、ショートパンツは膝上10cmくらいの長さであること。
それとベルトを忘れずに。
 
 
パンツはジーンズもしくはデニム風やカーゴ・タイプのパンツはNGで、
キャップの前後を逆にするのもマナーに反するので気をつけましょう。
 
 
ショートパンツの場合ハイソックスを着用するのが一般的で、
シューズはメタルスパイク以外のものにしたほうが無難です。
 
 
ゴルフ場によってドレスコードは若干違いますが、
ゴルフショップの店頭ディスプレイなどを
参考にすればまず問題ないでしょう。
 
 

まとめ

 
地味な基本練習は面白味に欠けるものですが何事も基本が大切なので、
一緒にコースをまわるメンバーに迷惑をかけないように基本をマスターして
ゴルフの奥深さを楽しんでください。
 
 
 
以上です。
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。



Sponsored Link