紫外線の対策で食べ物は?髪は?対策はいつから?

女性の紫外線対策でほどんど気にされていないのが髪への対策でしょう。
お肌や顔は普段から気にかけ露出をしないようにするとか
UVケアを心がけていますが、髪も一年中露出している体の一部です。
 
いままで髪への紫外線対策に無防備だった人は
これから髪への対策も考えるようにしましょう。
  



Sponsored Link



 

 

紫外線の対策で食べ物は?

  
髪に良いとされる食べ物は、豆類、ごま類、わかめ(昆布などの海藻類)、
野菜類、魚類、しいたけ、いも類で、「まごは(わ)やさしい」と覚えましょう。
 
 
お肌の老化や肌荒れを防ぐ
ビタミンAの主成分レチノールは食材から直接取り込む方法と、
β-カロテンを含む食材を食べて
体内でβ-カロテンをレチノールに変化する方法があり、
これだと必要な分だけ体がレチノールを補給するので
ビタミンAを過剰摂取する心配がありません。
 
 
このベータカロテインを多く含むのが野菜類と海藻類なので、
これらを食べるように心がければビタミンAも補給されることになりますし、
海藻類に含まれるヨウ素は血行を促進して髪の抜け毛の防止にもなります。
 
 
シミやそばかすの原因となるメラニンを増やすのが活性酸素で、
それを抑える抗酸化作用のあるビタミンEを摂ることが大切で、
これを多く含むのがアーモンドなどの豆類で、
ごま類にもリグナンという抗酸化物質が含まれていることが知られています。

 
またトマトに含まれるリコピンはビタミンEよりも抗酸化作用の働きが強い
事が知られているほか、うなぎも効果的にビタミンEを摂取できるので、
土用の日に限らず夏はうなぎを食べた方が良いということでしょう。
 

サツマイモからはお肌の老化を防ぐビタミンCが比較的多く摂取できるのと、
髪の主成分のタンパク質を補給できますし、タンパク質に注目すれば
大豆などの豆類にも多く含まれるので、暑い日の冷奴はおすすめです。
 
 
その他には、体の免疫機能に必要なビタミンDは紫外線を受けることで
お肌の中で生成されますが、それでは日焼け対策の意味がなくなってしまう
ので代わりに食事から摂取するようにし、これを多く含むのがしいたけです。
 
 
ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは
どれも紫外線対策に有効な栄養素なので、
食事での摂取がむずかしいときは
サプリで補助的に補うようにするのも良いでしょう。

 

Sponsored Link


紫外線の対策で髪は?

 
基本的には外出時には帽子をかぶるようにするか日傘をさすようにして、
帽子の場合は髪をまとめて帽子の中に入れるようにするか、
直射日光に当たる髪の面積が減るように束ねておきましょう。
 
 
UVカット効果のあるシャンプーやトリートメントなどもありますが、
頭皮に強い紫外線を受け続けると毛母細胞がダメージを受て抜け毛、
薄毛の原因になると言われているので、
外出するときには日傘か帽子で頭皮を守りましょう。
 
 
髪を紫外線から守るのであれば、
紫外線を防ぎながら髪にツヤが出るスプレータイプの
洗い流さないトリートメントをおすすめします。
 
 
高原などの標高が高いところは涼しいので錯覚するかもしれませんが、
標高が高い場所の方が紫外線は強くなるので注意してください。
 
 

紫外線の対策はいつから?

 
じつは紫外線対策は一年を通して必要なのですが、
紫外線が強くなりはじめる3~4月頃にはじめたほうが良いでしょう。
 
 
梅雨の時期にはいったん弱まりますが、
それでも地上に紫外線は届いていますし、
油断していると梅雨の合間の日射しなどで
思わぬ日焼けをしてしまうものです。
 
 
本格的に暑い夏を迎えてから慌てて紫外線ケアをはじめても、
お肌はすでにダメージを受けていますから、
春先からUVケアを始めましょう。
 
 

まとめ

 
一年を通してのUVケアが必要なのは確かなのですが、
日焼け止めクリームなどがお肌に負担をかけるのは避けられませんから、
できればUV製品にだけ頼らず、
日頃から食事にも気を配るよう習慣付けましょう。
 
 
以上です。
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。



Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする