ベビーサンダルの選び方のポイントは?おすすめのデザインは?履かせる時の注意点は?

 
這えば立て、立てば歩めの親心などと言いますが、
歩き出すようなると転んで怪我をしないかとか、
やはり心配はつきないものです。
 
 
でも心配ばかりしていてもしょうがないので、
怪我などしないように子供の足に負担の少ない
歩きやすい履物を選んであげることを考えましょう。
 



Sponsored Link


 

ベビーサンダルの選び方のポイントは?

 
一般的に赤ちゃんは1歳前後から歩けるようになりますが、
歩き始めはまだふらふらして平衡感覚もおぼつかないので、
この時期は
足にしっかりフィットしたスニーカーを履かせてあげるのが一番です。
 
 
最近ではサンダルタイプでも足にフィットするものがあるようですが、
選び方のポイントは
スニーカーのように足全体を覆うようなデザインであることと、
ベルクロテープなどで足にしっかり密着できるものが良いでしょう。
 
 
歩き始めはまだ足の裏の皮膚も柔らかいので、
地面からの衝撃を吸収する
ような靴底の厚いものを選んであげることが大切ですが、
あまり靴底が厚いとかえってバランスを崩すことになるので、
適度な厚さのものを選んでください。
 
 
生地もメッシュ生地を使って通気性が良いものは
足が汗をかいても滑り難く、
少しぐらいなら水に濡れてもすぐ乾くので安心して水遊びにも使えます。
 
 
クロックスなどの樹脂製のサンダルで子供用がありますが、
こういったサンダルは大人でも足の裏の汗で脱げやすいのと、
エスカレーターで巻き込まれて事故につながることがあるので、
子ども用にはあまりおすすめできません。
 

Sponsored Link


ベビーサンダルのおすすめのデザインは?

 
脱がせたり履かせたりしやすいもので、
その他に次のポイントを抑えたものを
選んであげるようにしましょう。
 
・ かかとがカバーされている。
・ つま先が出ていない。
・ 甲の部分をベルクロテープで止めて、足首をホールドしてくれる。
・ 柔らかい素材。
 
つま先とかかとをカバーしていないデザインは、
歩いているときに足をぶつけて
怪我をしたり、靴が脱げやすいのでNGです。
 
 
またサイズや素材が合わないと変な歩き方をして転んだり、
健全な足の発育を阻害することにもなりますから、
デザイン優先で選ぶのはやめましょう。
 
 

ベビーサンダルを履かせる時の注意点は?

 
サンダルはスニーカーよりも中に砂や小石が入り込むものなので、
公園などで遊ばせるときは目を離さないようにして、
歩き方が変だったり痛がったしたときは
中に異物が入ってないか確かめましょう。
 
 
サンダル用の靴下もあるで
それを履かせれば異物が入っても痛くないですし、
足が冷える防止にもなりますから用意しておくと良いかも知れません。
 
 
履きはじめたばかりだと慣れるまでは足が疲れるので、
あまり長時間履かせないことと、
小まめに足の状態をチェックしてサンダルずれして
肌が傷ついていないかを確かめるようにしてください。
 
 
また、トラブルが発生したときのために
サンダルとは別にスニーカーを常に用意しておくことをおすすめします。
 
 

まとめ

 
ベビース用ニーカーにしてもメッシュ生地を使ったものがあり、
また
スニーカーとサンダルの中間のようなデザインのものもあるので、
とくにサンダルが通気性に優れているとも言い切れません。
 
 
何よりも先ず子どもの足を守ってあげることを最優先に考え、
子供が自由に動き回れるようなものを履かせてあげるようにしましょう。
 
 
以上です。
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。



Sponsored Link