衣替えの収納でコツは?コートは?臭いは?

衣替えというと制服を思い出しますが、学生の頃と違い社会人になると
ある程度は自分の判断で衣替えのタイミングを決めることができます。
 
 
なのでついつい衣替えのタイミングを決めかねて、
ズルズルと冬服をしまい込むのが遅れてしまいがちですが、
きちんと保管しないと次の衣替えのときまでに
大切な衣服をダメにしてしまうこともあります。
 



Sponsored Link



 
 

衣替えの収納でコツは?

 
一年のうちで衣替えは本格的な夏になる前と、
本格的な冬になる前の2度あり、
このときを活かせばタンスの肥やしと化しているような
服を処分するのに好都合です。
 
 
もう何年も着ていないとか、流行遅れだとか、
サイズが合わなくなったとかで着ることのなくなった
衣服をまとめて捨ててしまえばタンスの中を広々と使えますし、
効率よく服の出し入れができるようになります。
 
 
タンスの中に季節ごとの服をまとめて収納するようにすれば、
必要なときに直ぐに取り出せるようになるでしょうし、
ムダな服が一目で分かるようになるので
衣服を余計に買うことがなくなれば経済性の面でも助かります。
 
 
衣服を収納するときは、シャツやニット、カットソーなどは、
引き出し式の収納ケースに立てるような形でしまっておくと、
全体が一度で見渡せるので探しやすくて便利です。
 
 
そのさいに注意するのは、
隙間ができたときはタオルなどで隙間を埋めるようにして、
衣類を傷めたりシワができないように収納することです。
 
 
セーターやフリースなど厚みがあってシワになりにくい服は、
海苔巻きのように巻いて筒状にして立てて並べるようにすれば
コンパクトに収納できます。
 

Sponsored Link


衣替えの収納でコートは?

 
梅雨入前に衣替えを済ませる人も多いかと思いますが、
冬の前の衣替えまでの間に特に注意しなければならないのが湿気です。
 
 
大切な皮コートや毛皮などにカビがついて着られなくなったら大変なので、
収納する前にクリーニングに出したり自分で除菌スプレーで清潔にしたあとで
しまうようにすることと、除湿剤をお忘れなく。
 
 
一例としてコートは、
風通しの良い場所で消臭除菌スプレーなどをかけて陰干ししたら、
ボリュームあるコートであれば吊るすよりも
たたんで収納した方が楽なのですが、吊るして収納する必要があるなら、
かさばらないように収納袋や圧縮袋に入れて吊るようにしても良いでしょう。
 
 
ダウンコートやフリースは素材が柔らかいので
やんわりと丸く巻けばスペースもそれほど取りませんし、
後で皺になることもありません。
丸めたらゴムか何かで止めておくようにすればさらに収納しやすくなります。
 
 

衣替えの収納で臭いは?

 
しまっていた衣服を取り出したときの臭いは、
除湿剤の臭いの他にカビが原因になっています。
 
 
これを予防するためには無臭タイプの除湿剤を使うことと、
時々はタンスや収納ケースを開けて中の空気を入れ替え臭いを取るようにします。
 
 
その他にも衣類用の防虫剤であるとか、
タンスそのものの臭いが移ってしまうことがあるので、
消臭剤をいっしょに入れるようにすると良いでしょう。
 
 

まとめ

 
収納した衣服を次の衣替えのときにまた着られるようにするには、
タンスや収納ケースの中の環境にも気を配るようにし、
着ないからといって放置するのではなく、
時々は保管状態を確かめるようにしましょう。
 
 
以上です。
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。



Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする