雨の日の髪型の対策は?アレンジは?ストレートは?

 
以前はクセ毛も天然パーマと呼ばれヘアースタイルのように
見られていた時期もありましたが、
現在では特に女性はストレートヘアーが主流になり、
クセ毛で悩んでいる人が多いようです。
 
 
クセ毛がコンプレックスになり人前に出るのをためらうよりも、
積極的にクセ毛と付き合っていく方法を考えましょう。
 



Sponsored Link


雨の日の髪型の対策は?

 
雨の日に髪型が崩れるのは湿気のせいで、
髪の毛に水分が不均等に吸収されると
髪の状態がアンバランスになりうねってしまいます。
 
 
そこで髪の水分状態を均一にするのに、
水分を吸収しないように髪をコーティングしてしまう方法と、
髪に十分な水分を与えて余分な水分を吸収しないようにする方法があります。
 
 
一番のおすすめはナショナルのナノケア・ヘアドライヤーで、
値段は少し高いのですが髪を乾かすだけでサラサラの髪になるので、
長い目で見れば高級シャンプーを使い続けるよりもお得だと思います。
 
 
ナノケア・ドライヤーは髪のキューティクルを整えて
水分吸収をブロックしますが、
髪をヘアクリームでコーティングしてしまう方法もあります。
 
 
また、時間があればヘアドライヤーも熱風ではなく低温でゆっくり
髪を乾かすようにすると、髪の中の水分が蒸発しきらないので
余分な水分を吸収し難くなりストレートの状態がキープできます。
 
 
雨の日に限らず日頃からの髪のキューティクルのケアも大切で、
キューティクルが正常であればいざという時のクセ毛直しも
簡単なので、髪のダメージを修復してくれる
コンディショナーを日常的に使うのもおすすめです。
 

Sponsored Link


雨の日の髪型のアレンジは?

 
セットした形をキープしたいのであれば
形状記憶トリートメントがおすすめです。
 
 
キューティ フィックスはキューティクルの隙間に入り込むと、
ヘアドライヤーの熱でセットした髪の状態をキープしてくれて、
効果は1週間くらい持続します。
 
 
どうしてもクセ毛が気になるのであれば髪をまとめたり、
ヘアピンで止めてしまうのもひとつの方法ですし、
いっそショートヘアーにしてしまうという手もあります。
 
 
それ以外にはセットしやすいように髪のボリュームダウンをしたり、
ヘアワックスを付けた後にスプレーで固めたりするのも良いかもしれません。
 
 

雨の日の髪型のストレートは?

 
ストレートパーマをかけてもたいていは1ヶ月程度で崩れてしまい、
髪の表面だけをコーティングするので雨に濡れたままにしておくと
余計に早く崩れてしまうので、濡れたらすぐに拭き取ってください。
 
 
また、髪の長さに関係なく毛先が痛んでいると
セットが乱れやすくなるので、毛先までしっかりとヘアケアすることが大切です。
 
 

まとめ

 
クセ毛にも先天的なものと後天的なものがあり、
後天的なものは生活習慣を改めることで大きく改善されることが多いので、
食事や睡眠時間を見直してみてください。
 
 
また、先天的な人にも後天的な人にも共通しているのは髪の
キューティクルのケアと頭皮のケアで、
このふたつのポイントを抑えておけばクセ毛直しもずっと楽になるでしょう。
 
 
以上です。
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。



Sponsored Link