幼稚園児の遠足のおやつの種類は?量は?持参方法は?

 
春の遠足シーズンを迎えましたが遠足のおやつ選びも最近は侮れません。
子ども向けのスナック菓子は数え切れないほどの種類があり、どれを
子どもに持たせたらよいか頭を悩ませます。
 
 
また持って行けるおやつの量も制限されているので余計に気を使いますが、
子どもにとっては楽しい遠足日なので良い思い出が残るようにしてあげる
ためにもお菓子選びのポイントを抑えておきましょう。
 
 



Sponsored Link


 

幼稚園児の遠足のおやつの種類は?

 
幼稚園児などの小さな子どもにはハイチュウやぷっちょ、ハッピーターン
などの一口で食べられるお菓子で、包装を開くだけや、ひねって開けるタイプ
の食べやすくて開けやすいお菓子がおすすめです。
 
 
また、グミやポイフル、ラムネや小さなおせんべい、もしくはクッキーも
定番のおやつで、溶けにくく、容器を簡単に開けて食べることができるので
小さな子どもにはオススメですし、手が汚れないところもいいですね。
他には、えびせんや動物ビスケットなんかもあります。
 
 
チョコレート系のお菓子を持って行かせるのであればマーブルチョコの
ようなに溶けにくく、容器が開けやすいものがいいでしょう。
 
 
逆にあまりオススメできないおやつとしては、チュッパチャップスのような
飴系のお菓子はひとつを食べる時間がかかるので、それ以外のお菓子を
食べる時間がなくなってしまうことがあるのと、チョコレート系は、
手が汚れやすいです。
 
 

Sponsored Link


幼稚園児の遠足のおやつの量は?

 
小さな子どもは多くの量を食べることができないので、遠足のおやつの
量には気をつけてください。
もしお菓子を多めに持たせてあげるのであれば、お弁当はシンプルなもの
にして量も普段より少なめにしておいたほうがいいでしょう。
 
 
おやつの量は幼稚園で決められた金額内に収めて子どもと一緒に
お菓子を選べば、子どもに金銭感覚を身に付けさせるのにも役立ちます。
 
 
内容量が多いお菓子は子どもが食べられる分だけをジップロックなどの
ジッパーのついた袋に入れて持たせてあげれば、子どもの力でも袋が
開けれなくて困ることもないので便利です。
 
 

幼稚園児の遠足のおやつの持参方法は?

 
お菓子のパッケージをひとりで開けられないようであれば、ジップロック
などの小袋におやつを移し替えてあげないとおやつのときに食べられません。
 
 
また、ジップロックなどの袋の開け閉めが難しいようであれば、
チャックつきポリ袋の小さいのにお菓子を小分けして入れて、
袋を開けたら食べきってしまうようにすれば袋を閉める必要もなくなります。
 
 
また、お友だちとも分け合うことができるようにお菓子を持たせてあげれば、
遠足はより一層楽しくなるはずです。
 
ラップフィルムで包装されたラムネやグミなどのお菓子は予め包装を取って
おけば、食べるときには容器を開けるだけでいいので手間も取りませんし、
ゴミも出さないのでおすすめします。
 
 

まとめ

 
食べやすいこと、容器の開け閉めが簡単なこと、溶けたりしないことが
お菓子を選ぶポイントになるので、これらを踏まえつつ子どもの好きな
おやつを持たせてあげましょう。
 
 
遠足は特別な日なので少しばかりおやつ食べ過ぎても大目に見てあげて、
その分をお弁当の量で調整して食べすぎには注意しながら、楽しい遠足が
過ごせるようにしてあげたいものですね。
 
 
以上です。
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。



Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする