梅酒の作り方と材料は?日本酒は?焼酎は?

女性にも人気の梅酒は古来より各家庭で作られている健康にも良い
お酒として知られています。
 
また疲労回復にも効果があるとされ、そのほんのりとした酸味は食欲を
促すことから食前酒としても親しまれています。
 
  
梅酒を作るのは簡単なのでぜひ自家製の梅酒を作っててみてください。
 



Sponsored Link



 

梅酒の作り方と材料は?

 
梅酒を作るのに用意するのは、青梅1キログラムくらいと、
お酒1.8リットルと、砂糖700グラムくらいと、空き瓶です。
 
 
青梅は黄色く熟したものだと酸味が弱まり甘味が強くなるので、
適度な酸味が好みの人は新鮮な色の青い梅を使ってください。
6月中旬を過ぎると青梅は手に入り難くなりますので
ご注意ください。
また、大きさよりも表面にキズがないものをなるべく選びましょう。
 
 
お酒は梅酒用のホワイトリカーが一般的には使われます。
ホワイトリカー以外のお酒でもかまいませんが、酒税法によって
アルコール度数が20度未満のお酒で作ることは
家飲み用であっても違法になるのでご注意ください。

また、アルコール度数が高いお酒を使うことで雑菌による
腐敗の防止になり、梅酒を長期間保存できるようになります。
 
 
砂糖は通常氷砂糖を使いますがその理由は溶けにくいからで、
砂糖がすぐに溶けてしまうと比重の関係で梅が
浮き上がってしまうのを避けるためです。

溶けにくい砂糖であれば黒糖とか蜂蜜でもOKなので、
試してみるのも面白いでしょう。
 
 
梅酒用の瓶は容量5リットルの蓋つきのものを用意します。
梅酒を長く保管するのと最初に熱湯消毒をする都合上、
ペットボトルのような樹脂製のものよりもガラスの瓶をオススメします。
 
 
瓶の内側は梅酒作りに使うホワイトリカーや焼酎を
少しだけ使ってアルコール消毒するか、
熱湯を少し入れて瓶を傾けながら煮沸消毒します。

熱湯を捨てたらきれいな布巾などで水気をよくふき取り、
口を下にして日あたりのよいところに置いて紫外線消毒もしてください。
蓋も同様に消毒してください。
 
 
梅酒の作り方は以下の手順です。
 
1.青梅の実を選別します。
※傷のあるもの、柔らかくなったもの、茶色く変質したものは取り除きます。
 
2.ボウルに入れて流水で洗いますが、洗剤やスポンジなどは使わないで
ていねいに手洗いして3時間ほど水に漬けた後で青梅の水気をふき取ったら、
エグ味のもとになるヘタを一個ずつ竹串を使って取り除きます。
 
3.瓶に青梅と氷砂糖を交互に層を作るように入れ終えたら、ホワイトリカーを
一気に注いでください。
※お酒を回しながら青梅に降りかけるように注ぎ入れるのがポイントです。
 
4.仕込が終わったら蓋をして涼しくて温度変化の少ない場所に
保存してください。
 
5.半年経ほどったら、梅の実を取り出します。
※梅の実を入れたままにしておくと「渋味やエグ味」が出やすくなります。
 
6.保存用の小さめの密封瓶に移し変えたら、
 「好みの味」になるまで常温で熟成させて完成です。
 


Sponsored Link


 

梅酒の作り方で日本酒は?

 
日本酒で作る場合もアルコール度数が20度以上のお酒を使ってください。
日本酒独特のやわらかさに梅味が重なりとてもまろやかでコクのある
梅酒が出来上がります。
 
 
日本酒で梅酒を仕込む場合も手順はホワイトリカーのときと同じですが、
日本酒1.8リットルに対して砂糖は500グラムgで十分です。
甘さを抑えたいのであれば250~300グラムくらいに減らしても
良いでしょう。
 
 

梅酒の作り方で焼酎は?

 
焼酎1升(1.8リットル)に対してアルコール度数35度以上のお酒なら、
青梅1~1.2キログラムが目安になります。
コクのある梅酒に仕上げたい時は青梅を少し多めに入れましょう。
ただし、25度以下のアルコール度数の低いお酒には青梅を1キログラム
以上入れないようにしてください。
 
 

まとめ

 
酒税法の関係があるので梅酒に使うアルコール類は20度以上のものを
使うことがポイントです。
また、35度以下だと梅の成分の抽出に時間が掛かるので、梅酒を早く
飲みたい人は35度以上の酒類を使うことをおすすめします。 
 
 
以上です。
 
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。



Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする