糖質制限ダイエット絶対失敗する?デメリットは?注意点は?

もともと糖尿病患者の治療法のひとつであった糖質制限は、
食事の量よりも摂取する糖質を重視することから
手軽なダイエット法として知られています。

ですが糖質は脳の活動に必要なエネルギー源でもあり、
無闇に制限するのは日常生活や健康を維持する上で
支障をきたす危険性も持ちあわせています。
 
 
糖質制限ダイエットが
糖尿病の治療法から発展したという経緯からしても、
それ相応の知識を持って取り組む必要があるでしょう。
 
 



Sponsored Link



 

糖質制限ダイエット絶対失敗する?

 
糖質制限ダイエットとは糖質の多い食品を制限するダイエット法で、
めんどうなカロリー計算を必要としない手軽さから人気を集めています。
 
 
体内の糖質が欠乏すると体脂肪を分解して糖質を合成することから、
即効性のあるダイエット法と考えられています。
 
 
ただし主食であるお米やパンなどに含まれるデンプンも糖質であり、
砂糖が入った食品だけを制限すれば良いという単純なものではありません。
 
 
また糖質だけに着目して食事を制限した結果、体に必要な栄養素である
カルシウム、タンパク質などやカロリーが不足してしまうこともあります。
 
 
糖質制限ダイエットはその手軽さが特徴ですが、各栄養素についての
知識も必要になるので安易に取り組むと失敗する可能性は高いと言えます。

 

糖質制限ダイエットのデメリットは?

 
チョコレートやケーキなどの甘い食べ物以外にも、デンプンを含んだ
食品を控えなければなりませんが、デンプンは野菜にも含まれるので
食事制限の対象となる食品は広範囲に及びます。
 
 
もちろん摂取量を制限するのが目的なので全く口にすることができない
わけではありませんが、逆にストレスが溜まるかも知れません。
 
 
ストレスに耐えられずに糖質制限ダイエットを中断したりすると、
体内で生成されるようになった糖質に食事から摂取される糖質が加わり
大きなリバウンドも想定されます。
 
 
食べ物の嗜好性は人それぞれなので、特に「甘い物好き」の人にとって
糖質制限は辛いダイエット法であり、万人向けとは言い難いでしょう。
 
 


Sponsored Link


糖質制限ダイエット注意点は?

 
糖質さえ控えればその他は制限が無いのが糖質制限ダイエットの特徴で、
肉食に偏った生活になった場合などに、タンパク質の過剰摂取が懸念されます。
 
タンパク質の過剰摂取は血液中のコレステロール値を上昇させ、
血管を詰まらせたり高血圧になるのではないかという心配もされますが、
糖質制限ダイエットはまだ日も浅く正確なデータは揃っていません。
 
 
その他に糖質制限はダイエット中の運動の有無には言及しておらず、
体脂肪を分解しても足りない糖質は筋肉組織を分解して補うことから、
筋力や骨が弱って骨折しやすくなる危険性も考えられます。
 
 
したがって糖質制限の注意点は、まず食品に対する知識を身に付け、
各栄養素のバランスに配慮しながら実践するということになるでしょう。
 
 

まとめ

 
食品についての知識が不十分なまま食生活が肉食に偏り、
ケーキは別腹だからと自分の都合で食べ、付き合いを断れずに
糖質の多い日本酒などのアルコールを飲んで運動もしなければ、
成人病で倒れる可能性の方が高まるでしょう。
 
 
糖質を制限する前に植物性タンパク質や野菜を食べるように心がけるとか、
食べ過ぎには気をつけながらなるべく薄味に味付けされた料理を食べるとか、
持続可能な普通の食生活を身につけるようにしてはいかがでしょうか。
 
 
以上は私が実践してきたやり方ですが、個人差がありますので、
くれぐれも自己責任でお願いします。

こちらにダイエットに関する記事をまとめています。
     ↓
こちらをクリック
 
 
 



Sponsored Link