ラバーシューズのお手入れの仕方は?注意することは?保管の仕方は?

雨の日の服装はなにかと気を使うことがたくさんあると思います。
 
おしゃれをしたいのに雨のせいでお気に入りの洋服を着れなかったり、
濡れてもいいような靴を選んだり・・。
  
雨の日でもおしゃれはしたい方はラバーシューズを履く方も多いと思います。
そんな雨の日に重宝するラバーシューズのお手入れや保管の仕方をご紹介します!
  



Sponsored Link


  
  

ラバーシューズのお手入れの仕方は?

 
ラバーシューズはゴム製ですのでお手入れをしないと、
どんどん劣化しちゃいます。
 
表面が傷つくとその部分からひび割れを起こしたり、
黄ばんだり、ムレて臭いが強くなります。
ですので、しっかりとレインシューズのお手入れが必要です。
 
・購入後すぐに行う手入れ
 
まずは購入後にラバー保護用のケア剤るか専用のUVスプレーで
ラバーのケアをしましょう。
 
ラバー保護用のケア剤はラバーに栄養を与えるので、長持ちしやすくなります。
  
 
UVスプレーを使うと紫外線や乾燥で白くなるのを防いでくれるので
最初にラバーシューズにスプレーをかけて使用しましょう。
 
どちらも分からない場合などは靴屋の店員さんに相談しましょう♪
 
・ラバーシューズを使用して汚れてしまった場合
  
 

まず最初に布や雑巾で汚れを軽く拭いて下さい。
 
中性洗剤を水で溶かしてその水に雑巾をつけて硬く搾って全体的に拭きます。
 
ここで注意して欲しいのが、マット素材のラバーシューズにつけてしまうと
素材感が変わってしまうので気をつけてください。
 
 


Sponsored Link


ラバーシューズのお手入れで注意することは?

 
まず、ラバーシューズには天然ゴムと合成ゴムを使ったものが
あるので確認してみてください。
 
大体5000円以下で売られているものは合成ゴムの場合が多いです。
この合成ゴムは黄ばみ、色あせが起きやすいのでお手入れの際に注意が必要です。
 
ラバー素材はデリケートなので汚れた部分を洗剤でゴシゴシ洗って
直射日光にあてて乾かすと、黄ばみの原因になりますので注意してください!
 
 

ラバーシューズのお手入れ後の保管の仕方は?

 
先ほどご紹介した注意点を踏まえてお手入れした後は、
原則として直射日光にあたらない場所で保管してください。
 
直射日光があたると日焼けして色が薄まったり、
色が変わってしまう原因になってしまいます。
 
保管する際にラバーシューズの中に乾燥剤を入れましょう。
 
ラバーシューズは水を内側に通さず、汗が外に逃がせないので、
汗の雑菌で臭いが強くなったり、水虫の原因になります。
 
ですので乾燥剤で湿気や臭いを取り除いて保管しましょう。
 
それとラバー素材なので、型崩れしたらその形で固まりますので、
立てたり、きれいな形で固定して保管しましょう♪
 
 

まとめ

 
ラバーシューズなら雨の日もおしゃれに手を抜くことなく外出できるので、
女子の強い味方!
 
いろいろなシーンで重宝するラバーシューズをしっかりお手入れし、
きちんと保管して長く愛用しましょう!
 
おしゃれは足元から!ラバーシューズを履いて憂鬱な雨の日も
楽しく過ごしましょう♪
 
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。



Sponsored Link