しわの原因は?シミの原因は?対策は?

年齢を重ねるとしわやシミがお肌に増えてしまうのは仕方の無いことですが、
お肌へのきちんとした理解や、原因を知ることでよい状態を
長く保つことができます。
 
 
しわなどができてしまってからでもお肌の状態をある程度は改善できますが、
やはり日頃からお手入れしているのと比べるとその効果も差が大きくなるので、
お肌を美しく保つためにもシッカリとした知識気を身に付けましょう。
 



Sponsored Link



 

 

しわの原因は?

 
お肌は上層の表皮と下層の真皮の二重構造になっていて、しわも表皮に
よるものと真皮によるものとに分けられます。
 
 
表皮にできるしわの主な原因となるのがお肌の乾燥で、お肌が乾燥して
潤いがなくなると表面がカサカサになり細かいちりめんじわができ始めます
 
 
お肌の乾燥による細かいしわは、一つ一つは目立たなくても細かいしわが
集まることで太くて深いしわになってしまうと目立つようになるので、
しわが細かいうちに表皮の保湿をして早めに対策をしましょう。
 
 
表皮の下の真皮にダメージを与えるのが波長の長い紫外線のUV-A波で、
真皮を構成するコラーゲンやエラスチンを傷つけ、お肌のハリや弾力を奪い
たるみによる深いしわができる原因になります。
 
 
UV-A波は曇りの日でも降り注ぎ、また一年を通して常に浴びているので
服装などで紫外線対策を怠らないことと、季節による紫外線量の変化にあわせて
紫外線防止効果の違う日焼け止めを使い分けることをおすすめします。
 
 
その他に、顔の表情が豊かな人にしわが増えると思われがちですが、無表情
でいると顔の筋肉の血流が悪くなり、お肌の老化も早まってしわの原因になって
しまうので、表情を抑えるよりも毎日のお肌のお手入れが大切です。
 


Sponsored Link


シミの原因は?

 
お肌のシミの原因としてよく知られているのが紫外線のUV-A波で、
メラニン色素の生成が活発になるこによるものです。
 
 
また、加齢によってホルモンの分泌が減少すると皮膚細胞の再生・修復能力が
低下したり、喫煙によるビタミンCの破壊や有害物質の影響もお肌へのダメージを
大きくします。
 
 
さらには、睡眠不足、ストレス、慢性的な疲労などによって
皮膚細胞の酸化が進み、冷えなどによる血行不良によっても皮膚細胞へ酸素や
栄養が十分に補給されず、老廃物が排出されずにお肌がくすんでしまいます。
 
 
こうしたことを防止するには、日焼け止めクリームや日傘、長袖の服、帽子、
サングラスの着用で先ずは紫外線対策をすることと、ミネラルやビタミンを
十分に摂取すればお肌の新陳代謝も活発になり、表皮が角質となって
はがれ落ちるときにメラニン色素も一緒に排出されるようになります。
 
 

対策方法は?

 
しわを改善するスキンケアとしては、保湿成分の「セラミド」や
「ヒアルロン酸」などを多く含むものや、表皮の乾燥がひどい場合は
「ワセリン」ヤ「ケラチナミン(尿素)」などの入ったローションなどが
おすすめです。
 
 
お肌の水分を保つには体内に水分を補給するのが基本で、一般的には一日
2リットルの水が必要とされています。
ただし、コーヒーやお茶は利尿作用があり水分を排出してしまうので、その分を
追加で補充しないとならないので注意してください。
 
 
シミ対策に必要なのは美白成分やお肌をケアする成分が含まれたもので、
スキンケアもする場合には美白成分と保湿成分や美容成分が必要になります。
紫外線によるシミのケアにはこうしたスキンケア製品が有効になりますが、
厚生労働省認可の「美白成分」が配合されたものを選ぶようにしてください。
 
 
その他には、シミ予防に効果のあるビタミンAとビタミンCを含んだ野菜や
フルーツを積極的に摂るようにしましょう。
ビタミンCは体内に蓄積できないのでこまめに摂取する癖をつけ、食事以外
にもサプリメントやロスミンローヤルの服用でもOKです。
 
 

まとめ

 
睡眠もお肌のためには大切で、熟睡している時に分泌される成長ホルモン
によってお肌の組織は新陳代謝が活発になりますから、ぐっすり眠って
体の疲れもお肌の疲れも次の日に持ち越さないようにしましょう。
 
 
また肩や首のコリがひどいと顔の血行も滞りしわが悪化する原因になるので、
よくお風呂で温めたり軽いストレッチで筋肉をほぐして肌の血行を良くすれば、
きっと熟睡もできるようにもなるでしょう。
 
 
以上です。
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。



Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする