母の日のプレゼントで義理母には何を贈る?お花が定番?他のオススメは?

5月の第2日曜日はお花屋さんのかき入れどきで、
どのお花屋さんの店先も
カーネーションの花で華やかに彩られます。

従来はカーネーションの花を母の日に贈るのが定番でしたが
最近では思考を凝らした贈り物も見られるようになり、
その分頭を悩ませている人も少なからずいるようです。




Sponsored Link


母の日のプレゼントで義理母には何を贈る?

 
自分の母親であれば好みがわかっているので
贈り物を選ぶのに苦労しませんし、
何がいいかを直接聞くこともできますが、夫の母親だと
そうもいきません。

夫に聞いても義母の好みを知らないことが多く
ほとんどアテになりませんが、かといって
円滑な関係を続けるにはプレゼントを贈らないわけにもいきません。

感謝の気持ちを伝えるために手料理を作って
義母を食事に招待するのもいいかも知れませんが、
これは料理が得意な人の場合に限らるのでご注意を。

母の日は日頃の苦労をねぎらい感謝する日なので、
その本来の目的に沿って贈り物であるとか、
感謝の表し方を検討するのが基本と言えるでしょう。
 



Sponsored Link



 

母の日のプレゼントはお花が定番?

 
母の日の贈り物はカーネーションの花が定番ですが、
カーネーションを贈る場合でも
白は亡くなった母親への手向けの花なのでタブーです。

他にも黄色はネガティブな意味の花言葉を持つので
避けたほうが無難ですし、赤であっても黒に近い濃い赤も
ネガティブな意味を持つので避けましょう。

また動物の形にアレンジされた
可愛いカーネーションの造花の贈り物も最近はあるようです。
 
 

母の日のプレゼントで他のオススメは?

  
定番のカーネーションの他には旅行券や温泉、
お食事券、スイーツなども考えられますが、
いずれにせよ本人の望むものでないと形式なものとして
受け取られて終わってしまうだけの可能性もあります。

義理の母親とはいえ、親族になった以上
いつまでも他人行儀なのも居心地が悪いので、
思い切って直接聞いてみるのもひとつの手かも知れません。

女性はいくつになっても
異性からの贈り物には素直に喜ぶものですが、
同性でしかも息子の嫁からとなると、
義理の母親としてのプライドもあってか贈り物に対しての
評価基準のハードルも上がるものです。

そうしたハードルを下げるには、
こちらから相手の懐に飛び込むのも一案です。

頼られているということだけで
義母のプライドは満たされるでしょうし、そうなれば
おそらくたいていの贈り物には喜んで貰えることでしょう。

要は自分の母親に贈り物をするときのように
義母のことを思いやることで、その思いが義母に伝われば、
実の親子の様な関係も築けるかも知れません。
 
 

まとめ

 
最近はネットを利用して母の日の贈り物を
発送される人も多いようですが、現物を確認しないで発送するので
トラブルになるケースもあるようです。

信用の置けるお店に注文する事と、
内容を必ず確認するようにしましょう。

また贈り物にちょっとしたメッセージを添えるのも
点数を稼ぐポイントです。
 
 
 
最後までお読み頂きありがとうございます。



Sponsored Link


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする